交通事故の原因「眠気の正体」が判明! 脳内タンパク質に睡眠障害の治療の可能が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
交通事故の原因「眠気の正体」が判明! 脳内タンパク質に睡眠障害の治療の可能がの画像1

交通事故にもつながる「眠気の正体」が判明(depositphotos.com)

 今年5月21日、都内で軽ワゴン車を運転中に「睡眠障害の影響」から居眠り状態となり、路上で作業中の男性に6か月のケガを負わせた運送業者(60)が、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで逮捕された。

 睡眠障害による事故(前掲容疑)での逮捕が全国初だったため、耳目を集めたが、もっと驚いたのが同容疑者の事故歴だ。平成26年以降、19件もの交通事故を起こしており、うち7件が人身事故で免停が3回――。

 容疑者自身も過去に2回「睡眠障害」の症状を訴えて病院を受診したものの、通院はしないまま放置していたという。

 折しも、というか皮肉にも、6月1日から国土交通省は、バス、トラック、タクシー業界の乗務前点呼に「睡眠不足」のチェックを追加した。

 運行管理者側からすれば、従来の体調確認(疾病/疲労)に1項目が増やされた次第だが、同省の石井啓一大臣は「(事故防止に加えて)働き改革を進める観点からも重要」と言及している。

 しかし、いわゆる意識向上を促す以上の施策は、現時点で検討もされていない後手後手ぶりだ。国交省による追加策の背景には、当然、近年相次ぐ「睡眠不足が原因」と思しきバスやトラック運転手の重大事故問題がある。

 だが、その底流には「人手不足」という未解決問題があり、いずれの業界も、人材確保や勤務間インターバル制度の導入が立ち遅れているのは明らかだ。

女性が要注意の関連疾病は

 一方、医学界では、このところ「睡眠障害」や「眠気の正体」に関する研究報告が続いている。

 たとえば、京都大学医学研究科が滋賀県長浜市との共同事業(ながはまコホート)において実施した世界最大規模調査の解明成果も、その一つだろう。

 「性差」と「閉経前後」の例も踏まえ、総計7000人以上を横断的に調べた話題の研究テーマは、「睡眠呼吸障害/短時間睡眠/肥満の相互関連性と、それらが高血圧/糖尿病に与える影響を探る」というもの。

 冒頭の交通事故例が物語るとおり、日中の「過度の眠気」は社会生活に重大な影響を及ぼす可能性を秘めている。また、今日の24時間社会において「睡眠不足」は誰もが抱える日々の悩みであり、生活習慣病との関連も注目されつつある問題だ。

 この短時間睡眠の究明に関しては、従来ありがちな「自己申告制」を排し、睡眠日誌&加速度計の測定を用いた客観的データに基づいて行なわれたという。この世界最大規模の調査結果から、今回の記事に触れる要点を拾えばこうだ。

●睡眠時無呼吸については、その最重要要因とされる「肥満」のみならず「客観的な短時間睡眠」とも関連していることが判明した。

●睡眠呼吸障害については、男女とも「高血圧」との関連が認められ、その度合いは重症度に比例して高くなる。

●睡眠障害と糖尿病との関連については、「女性のみ」に認められ、とりわけ閉経前の女性の場合は「中等症以上の睡眠呼吸障害」があると糖尿病が28倍も多かった。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆