電子タバコの正当な評価はいつに? 及び腰の米食品医薬品局を嫌煙団体が提訴!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電子タバコの正当な評価はいつに? 及び腰の米食品医薬品局を嫌煙団体が提訴! の画像1

米国で「電子タバコ」などの安全性に関するデータの提出期限が延期に(depositphotos.com)

 「大人の喫煙率は、男性が6割/女性が4割」という高い数字を聞いたら「どこの国の話?」と首を傾げる方が多いだろう。

 じつはこの数字、静岡市内7校の中学に通う男女生徒1160名に「大人の喫煙率は何%と思うか?」という設問を集計した結果なのだ。

 調査を実施した静岡市保健所の加治正行所長によれば、10~90%の間で10%刻みで回答を求めたところ、「男性90%」を選んだ生徒も、男子生徒で32人、女子生徒で13人もいた。

 しかも「将来(自分も)タバコを吸いたい」と考えている生徒ほど、高率な推測をする傾向も読み取れたそうだ。

 昨年(2017年)、日本タバコ産業(JT)が調査した実際の喫煙率は、「男性が28.2%/女性が9.0%(全体で18.2%)」。生まれた時からコンビニや自動販売機で、タバコの売買を目にしている現代の中学生たちは、実際よりも「大人の喫煙率は高い」と誤解しているようなのだ。

 さて、以下で紹介するのは、タバコをめぐる米国の最新規制事情だが、上記の静岡での例がまんざら関係なくもない。

米食品医薬品局の「煙期」の「延期」で大荒れに

 iQOSが大ブレイク中の日本と、いまだiQOSの販売許可が下りていない米国間の看過できない問題点とは何か? 順を追って説明しよう。

 3月27日、米食品医薬品局(FDA)が訴えられた――。天下のFDAを相手取り「公衆衛生に脅威をもたらす先延ばしである!」と連邦裁判所(メリーランド州)に提訴したのは、米国小児科学会(AAP)など、複数の学会や団体だ。

 その一部の名を挙げれば、米国がん協会がんアクションネットワーク(ACS CAN)、米国心臓協会(AHA)、米国肺協会(ALA)、米国に本拠を築く反タバコ団体の「キャンペーン・フォー・タバコフリー・キッズ」……。それぞれの名称を見ても、FDAにとっては手強そうな布陣だ。

 なぜ、こんなことになったのか? 

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘