子どもが疲れ知らずのワケは? 判明したスーパーアスリートなみの回復力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ子供は「疲れ知らず」なのか? 子供は「スーパーアスリートなみの疲労回復力」を持っている!の画像1

疲れ知らずの子供に大人は敵わない(depositphotos.com)

 都会では体を動かして遊ぶ機会が減ったとはいえ、やはり子どもの体力は無尽蔵だ。特に小学生の男子などは、ちょっと遊び相手をしただけで大人の方がヘトヘトになってしまう……。

 子を育てる親であれば「なぜ、あんなに長時間走り回っているのに疲れないんだろう?」とあきれたことは一度や二度ではないだろう。

 じつは最近、「子どものパワー(回復力)は、大人の予想を超えるものだった」ことが生理学的に解明された。

 『Frontiers in Physiology』(4月24日オンライン版)に掲載された、この研究結果によると、子どもの「疲労回復力」は、運動不足気味のお父さんの上を行くどころか、成人のスーパーアスリートと同等だというのだ。

男児と成人の体内パフォーマンスを比較

 

 この結果を発表したのは、仏クレモン-オーヴェルニュ大学のSébastien Ratel氏らの研究グループ。Ratel氏らは以前より、運動の習慣のない大人に比べて子どもの「疲労度」は著しく低いため、疲労から回復する能力は成人のアスリートと同等である可能性を示唆してきた。

 そこで今回、「訓練されていない」8〜12歳の男児12人、19~23歳の一般男性12人と、19~27歳の男性アスリート12人を対象に、各グループの運動能力を比較する実験を行った。

 「訓練されていない」とは、スキーやスケートボード、登山など、娯楽としての運動をする時間が週4時間以下である者と定義。一方、アスリートグループは、自転車やトライアスロンなどにおけるナショナルクラスの選手であり、週6回以上の長距離トレーニングを少なくとも2年間続けていた。

 研究グループはエアロバイクを使い、2日以上の間隔をおいて、すべての対象者に有酸素運動と無酸素運動のテストを実施。それぞれ運動後に、運動中に感じた苦しさなどの運動強度を10段階で評価してもらった。さらに心拍数、血中酸素濃度、乳酸除去率などを測定した。

 血中の乳酸が高いことは「筋肉が供給量を上回る酸素を必要としていること」を意味し、体内で「嫌気的代謝」が行われていることを示している。その場合、酸素が十分に細胞に供給されている時に行われる「好気的代謝」よりも、筋肉疲労が大きくなるという。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆