なぜ朝型は夜型よりも長生きなのか?昼夜逆転で死亡リスクに10%の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ「朝型」は「夜型」よりも長生きなのか? 昼夜逆転で「死亡リスク」に10%もの違いが!の画像1

なぜ「朝型」は「夜型」よりも長生きなのか?(depositphotos.com)

 真っ赤な落日を背に受けたら、そそくさと寝床に急ぐ。日の出が待ち遠しく跳ね起きる。そんな牧歌的な暮らしが、ついこの間まであった気がする。「早起きは三文の徳」と親に諭されて育ったのに、いつの間にか宵っ張りの朝寝坊が染み付いてしまった……。

 しかし、もし「朝寝坊してたら早死にするぞ!」と耳元で囁かれたら、あなたはぬくぬくと朝寝を続けられるだろうか?

完全な夜型は完全な朝型と比べ全死亡リスクが10%も高い

 米ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部神経学准教授のKristin Knutson氏らは「クロノタイプ(日中の活動や睡眠のリズムの傾向)が夜型の人は、朝型の人よりも早期死亡リスクが10%高い」とする研究論文を『Chronobiology International』4月11日オンライン版に発表した。

 Knutson氏らは、英国の大規模なコホート研究であるUK Biobankに参加した38~73歳の男女43万3268人を対象に平均6.5年追跡し、クロノタイプと全死亡リスクとの関連を分析した。

 まずはクロノタイプを、「完全な朝型」(7%)、「どちらかといえば朝型」(35%)、「どちらかといえば夜型」(28%)、「完全な夜型」(9%)の4タイプに分類。そして、年齢や性別、民族、喫煙の有無、体格指数(BMI)、睡眠時間、社会経済的状況、併存疾患で調整した結果、導き出されたのは――、「完全な夜型は、完全な朝型と比べ全死亡リスクが10%も高い」というものだった。

 また「完全な夜型」は、健康上の問題を抱えるリスクも高い。「完全な朝型」と比べて、精神障害リスクは1.94倍、糖尿病リスクは1.30倍、神経障害リスクは1.25倍、胃腸/腹部疾患リスクは1.23倍、呼吸器疾患リスクは1.22倍だった。

 Knutson氏は「夜遅くまで起きていると、飲酒、喫煙、間食、ドラッグの使用など、不健康な行動が避けにくい。夜型の人は体内時計が朝型の社会生活に適合しないので、長期的にさまざまな問題につながりやすい」と警告している。

 また米マウントサイナイ・ヘルスシステムのAndrew Varga氏は「体内時計と社会行動がズレると健康が悪化するリスクが高まる。たとえば、日中に睡眠を取り、夜間に働くシフト勤務者は、死亡リスクや心血管疾患リスクが高まる傾向が強い。食事や睡眠のタイミングはインスリンの分泌量に影響し、糖尿病リスクを高めるなど、生体リズムは健康状態を左右する」と説明している。

 そしてKnutson氏は、徐々に就床時間を早め、朝型の生活リズムに合わせる改善策を勧める。「いきなり通常よりも2~3時間早く寝ようとしても成功しないので、毎晩少しずつ早めるのが賢明だ。シフト勤務の人は、健康的な食事、適度の運動、十分な睡眠を心掛ければ、健康上のリスクを回避できるだろう」とアドバイスしている。

自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛