本の読み聞かせで親子関係も良好に! 母親は「理性」子どもは「心」の脳が活発に

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本の読み聞かせで親子関係も良好に! 母親は「理性」子どもは「心」の脳が活発にの画像1

読み聞かせで、母親は「理性の脳」、子どもは「心の脳」が活発に(depositphotos.com)

 子どもに本を読み聞かせることは、豊かな感情をはぐくみ、言語能力がアップすることはよく知られている。しかし、効果は一方向のものではない。本を読んであげる大人も、自己肯定感が高まり、社会的スキルも向上するようだ。

 ここでは、「本の読み聞かせ」について行われた国内外の研究を紹介しよう。

 東京大学大学院教育学研究科・教育学部のサイトでは、「読み聞かせの影響」について情報がまとめられている。その中で、日本大学大学院総合科学研究科教授の泰羅雅登(たいら・まさと)氏(当時)らの研究チームが行った、読み聞かせ中の脳の働きを調べる実験が紹介されていた。

母親は「理性の脳」が、子どもは「心の脳」が活発に

 この実験の結果、本を読む母親は大脳の「前頭前野」が活発に働き、聞いている子供の脳では「大脳辺縁系」が活発に働いていることがわかった。

 ここで大脳の構造を簡単に説明しよう――。大脳は「大脳新皮質」「大脳辺縁系」「脳幹」の3つで構成されている。大脳新皮質は、大脳の表面部分にある。思考や判断といった、私たちがよりよく生きるための知性に関係することを司る。

 大脳辺縁系は、大脳の内側にある。意欲や情緒といった、本能に近い感情に関係することを司る。脳幹は、脳と脊髄をつなぎ、生命維持に関係することを司る。

 怒りなどの感情をコントロールする機能や理性的な判断、論理的な思考、コミュニケーションなどを行うのが、大脳新皮質の中の「前頭葉」と呼ばれる場所だ。

 前頭葉の前頭前野は、サルよりもヒトのほうが特に大きく発達している。実体のないものを理解したりイメージしたりする抽象的な思考は、前頭前野で行われている。

 喜怒哀楽を生み出す大脳辺縁系を、泰羅氏は「心の脳」と呼び、次のように分析している。

 「子どもは読み聞かせを通じて、豊かな感情、情動がわき上がっているのだろう。脳は使うことで発達する。読み聞かせは、結果として子どもの豊かな感情を養い、『心の脳』が育つために役立っているのだろう」

 加えて、母親は1人で音読をしているときよりも、子どもを相手に本を読んでいるときのほうが、前頭前野の活動がより活発になっていた。特に「コミュニケーションで活動する部分」が働いていることがわかったという。

 「子どもも大人も、ともに楽しめることが読み聞かせのよさ。親が子どもの表情を見ながら、そして気持ちを考えながら話す言葉には、大きな力があるのだと思う。読み聞かせは親子の絆をつくるよい機会となるでしょう」(泰羅氏)

 読み聞かせは、ただ子どもを喜ばせるだけでなく、私たち大人の側にもコミュニケーション力をアップできる恩恵が受けられるのだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆