「医療」の記事一覧

「iPS細胞」による「血小板」の量産がスタート! 献血に頼らずに「血液製剤」の安定供給が可能に

大学発のベンチャー企業のメガカリオン(京都市)と大塚製薬グループやシスメックスなどの製薬・化学関連企業15社は、体のあらゆる部分に分化する「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」を使い、血液の成分である「血小板(血液製剤)」を量産する技術を世界で初めて確立したと発表した(「日本経…続きを読む

「iPS細胞」による「血小板」の量産がスタート! 献血に頼らずに「血液製剤」の安定供給が可能に

ドラマ『コード・ブルー』の現実は……ネックはドクターヘリ1機で年間約2億円の運営費

フジテレビの医療ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』が好調だ。ドクターヘリに対する関心が再び急上昇中だが、イギリス王室のチャールズ皇太子の長男、ウイリアム王子(35)の話題もまた興味深い。 ウイリアム王子は、2014年8月に民間企業「ボンドエアサービス」の救急…続きを読む

ドラマ『コード・ブルー』の現実は……ネックはドクターヘリ1機で年間約2億円の運営費

ドラマ『コード・ブルー』絶好調! ドクターヘリなど「空」の救命搬送が多様化へ

ドクターヘリの救急搬送に情熱を燃やす医師や看護師たちのチャレンジをスリリングに追うフジテレビ系の医療ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』。今週も、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香らの緊張感みなぎる競演・快演が待ち遠しい。 がん、脳卒中、心臓病などの高度専門医療が…続きを読む

ドラマ『コード・ブルー』絶好調! ドクターヘリなど「空」の救命搬送が多様化へ
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆