「医療」の記事一覧

医療費を多くかけるのは「ヤブ医者」?再入院率や死亡率に差がないことが判明!

入院時に医師が多数の、あるいは高額の検査や処置を指示することが、必ずしも良質な医療になるとは限らないことが新たな研究で示唆され、「JAMA Internal Medicine」オンライン版に3月13日掲載された。同じ病院内でも医師による医療費の差が40%以上あった!…続きを読む

医療費を多くかけるのは「ヤブ医者」?再入院率や死亡率に差がないことが判明!

「急性アルコール中毒」での搬送が実は…… 意識障害と嘔吐の原因は別にあった!

急性アルコール中毒で酩酊状態となり、嘔吐を繰り返す患者……。夜中のERでは別に珍しくない光景である。しかし、急性アルコール中毒で来院する患者の中に、時として重大な疾患が隠されている場合がある。 それは深夜のER、夜中の11時時を過ぎたところであった――。43歳の男性…続きを読む

「急性アルコール中毒」での搬送が実は…… 意識障害と嘔吐の原因は別にあった!

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法

ヒポクラテスが泣いている――。医学の祖・ヒポクラテスは、医師の職業倫理について現代まで語り継がれている「ヒポクラテスの誓い」を遺した。医師としての名誉と高潔な伝統を守り続けることを誓うのだ。 <医師は崇高な精神の持ち主>という、世間の認識を揺るがす事件が発覚した。今年1…続きを読む

虚偽の診断で治療費詐取「新宿セントラルクリニック」事件〜悪徳医師から身を守る方法
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太