「中医学マッサージ・ロボット」を開発! 世界に誇る日本のマッサージチェアの未来は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「中医学マッサージ・ロボット」を開発!日本が世界に誇る「マッサージチェア」の未来は?の画像1

中国式マッサージ専門のロボット・マッサージ

 近い将来、クリニックやマッサージサロンで背中や腰の痛みをモミモミしてくれるのは、「マッサージ・ロボット師」になるかもしれない――。

 このシンガポールで開発されたスマート(賢い)ロボット・マッサージ師の名は「Emma(Expert Manipulative Massage Automation)」。開発したのは南洋理工大学(シンガポール)の研究者らが立ち上げたベンチャー企業AiTreatだ。

 Emmaは、シンガポール国内の中医学(Traditional Chinese Medicine;TCM)を専門とするノバヘルス中医学クリニックで10月9日から始動。Emmaが施すマッサージの質は、実績・経験ともに豊富な練達のマッサージ師と遜色がないほどのハイ・クオリティという。

 なぜだろう? Emmaには腱と筋肉の硬さを感知するセンサーが装備されているので、ヒトの手のひらと母指を模したアームの先端を巧妙に動かしながら、背部や膝に「推拿(すいな)」と呼ばれる中国式マッサージをひたすら励行するからだ。

 アームの先端は、シリコン製で柔らかく、暖めて使用すれば、機械が触れることによる不快感はないため、プロのマッサージ師の施術にまったく引けを取らない。しかも、患者の症状に合わせた最適なマッサージを行うだけでなく、患者ごとの治療の経過や履歴も記録するAI(人工知能)顔負けの英才ぶりだ。

 AiTreatの創設者で開発チームを率いたAlbert Zhang氏は、「大きな労力を要するマッサージをEmmaに任せれば、熟練のマッサージ師はEmmaが対応できない、頸部、四肢、関節などに、より時間をかけることができるため、さらに質の高い施術を徹底できる。より少ないスタッフでクリニックを運営できるのも、大きなメリットだ」と強調する。

 人口の高齢化が加速している。Zhang氏は、ますます増加する慢性疼痛に対して、よりロー・コストかつハイ・クオリティのマッサージ・ケアが世界中に広がる足がかりになるのではないかと期待を込めている。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆