「中医学マッサージ・ロボット」を開発! 世界に誇る日本のマッサージチェアの未来は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「中医学マッサージ・ロボット」を開発!日本が世界に誇る「マッサージチェア」の未来は?の画像1

中国式マッサージ専門のロボット・マッサージ

 近い将来、クリニックやマッサージサロンで背中や腰の痛みをモミモミしてくれるのは、「マッサージ・ロボット師」になるかもしれない――。

 このシンガポールで開発されたスマート(賢い)ロボット・マッサージ師の名は「Emma(Expert Manipulative Massage Automation)」。開発したのは南洋理工大学(シンガポール)の研究者らが立ち上げたベンチャー企業AiTreatだ。

 Emmaは、シンガポール国内の中医学(Traditional Chinese Medicine;TCM)を専門とするノバヘルス中医学クリニックで10月9日から始動。Emmaが施すマッサージの質は、実績・経験ともに豊富な練達のマッサージ師と遜色がないほどのハイ・クオリティという。

 なぜだろう? Emmaには腱と筋肉の硬さを感知するセンサーが装備されているので、ヒトの手のひらと母指を模したアームの先端を巧妙に動かしながら、背部や膝に「推拿(すいな)」と呼ばれる中国式マッサージをひたすら励行するからだ。

 アームの先端は、シリコン製で柔らかく、暖めて使用すれば、機械が触れることによる不快感はないため、プロのマッサージ師の施術にまったく引けを取らない。しかも、患者の症状に合わせた最適なマッサージを行うだけでなく、患者ごとの治療の経過や履歴も記録するAI(人工知能)顔負けの英才ぶりだ。

 AiTreatの創設者で開発チームを率いたAlbert Zhang氏は、「大きな労力を要するマッサージをEmmaに任せれば、熟練のマッサージ師はEmmaが対応できない、頸部、四肢、関節などに、より時間をかけることができるため、さらに質の高い施術を徹底できる。より少ないスタッフでクリニックを運営できるのも、大きなメリットだ」と強調する。

 人口の高齢化が加速している。Zhang氏は、ますます増加する慢性疼痛に対して、よりロー・コストかつハイ・クオリティのマッサージ・ケアが世界中に広がる足がかりになるのではないかと期待を込めている。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇