「医療」の記事一覧

iPS細胞研究への予算“偏重”という誤り…大学病院が再生医療の治療応用を妨げる

再生医療は本当に大丈夫なのか? 時折、違法診療で注目されるずさんなクリニックの診療体制と莫大な研究費を投じて遅々として進まないiPS細胞の臨床応用。一般の患者としてはどんな成果を期待できるのか?あるいは何を選択の基準とすればいいのか?「再生医療等の安全性の確保等に関す…続きを読む

iPS細胞研究への予算“偏重”という誤り…大学病院が再生医療の治療応用を妨げる

腸内細菌の酵素で血液型「A型とB型」を「O型」に変えることに成功!輸血用血液製剤不足の解消へ

8月19~23日にわたってボストンで開かれた米国化学会(ACS)の席上、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)生化学のStephen Withers教授の研究チームは、「ヒトの腸内細菌に存在する酵素を活用し、A型とB型の血液をO型に変換する実験に成功した」とする研究成果を…続きを読む

腸内細菌の酵素で血液型「A型とB型」を「O型」に変えることに成功!輸血用血液製剤不足の解消へ

唾液や血液のDNAを調べれば「犯人の年齢」がわかる!推定年齢の誤差は約6歳

京都府警科学捜査研究所の浜野悠也専門研究員(31)は、殺人事件などの犯罪現場に遺留した唾液や血液のDNAを解析し、半日ほどの短時間で真犯人の年齢を推定できる新手法を編み出した(毎日新聞2018年5月20日)。 科捜研によれば、DNAによる年齢推定は大学や研究機関で研究さ…続きを読む

唾液や血液のDNAを調べれば「犯人の年齢」がわかる!推定年齢の誤差は約6歳
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆