「医療」の記事一覧

「知能は遺伝する」を行動遺伝学が究明~あなたの「収入」は45歳で遺伝の影響がピークに!

「申(さる)」から「酉(とり)」へ干支が引き継がれ、運気が横溢・熟成する年に入った。しかし、人類が直面し、克服するために対峙してきた、飢餓、戦争、病疫が終焉する道はまだ見えない。 今年もIT、AI(人工知能)、ビッグデータのコラボの潮流はますます加速するだろうが、どのよ…続きを読む

「知能は遺伝する」を行動遺伝学が究明~あなたの「収入」は45歳で遺伝の影響がピークに!

「ゲノムワイド関連解析」と最先端診断技術のコラボが生む衝撃の医療イノベーション

GWAS(ゲノムワイド関連解析)など、ゲノム研究の成果を臨床に活かすゲノム医療。その先見的なムーブメントが医療現場に新風を送っている――。 GWASと最先端の診断技術のコラボ たとえば「がん」。原発不明がん、希少がん、進行再発がんに「クリニカルシーケンス(がん関連…続きを読む

「ゲノムワイド関連解析」と最先端診断技術のコラボが生む衝撃の医療イノベーション

スポーツで勝つには「死の恐怖」をコントロール~「死を意識」すれば勝利できるを実証!

アリゾナ大学のコリン・ゼストコット教授とジェフ・グリーンバーグ教授らの心理学研究グループは、「人間は死を意識するとパフォーマンスがアップする」という研究成果をスポーツ心理学の学術誌『Journal of Sport and Exercise Psychology』(2016…続きを読む

スポーツで勝つには「死の恐怖」をコントロール~「死を意識」すれば勝利できるを実証!
精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛