「医療」の記事一覧

日本医学会が「商業主義」研究を批判~「遺伝子検査」「日本たばこ産業の助成論文」にNO!

日本人類遺伝学会、日本産科婦人科学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本家族性腫瘍学会など9学会・団体が、将来生まれる子どもの「遺伝病」の発症確率を調べる民間企業の遺伝子検査サービスは商業主義だけに基づく取り組みで承認できないと強い懸念を示し、遺伝子検査に関する日本医学会のガ…続きを読む

日本医学会が「商業主義」研究を批判~「遺伝子検査」「日本たばこ産業の助成論文」にNO!

ドラマ『コード・ブルー』絶好調! ドクターヘリなど「空」の救命搬送が多様化へ

ドクターヘリの救急搬送に情熱を燃やす医師や看護師たちのチャレンジをスリリングに追うフジテレビ系の医療ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』。今週も、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香らの緊張感みなぎる競演・快演が待ち遠しい。 がん、脳卒中、心臓病などの高度専門医療が…続きを読む

ドラマ『コード・ブルー』絶好調! ドクターヘリなど「空」の救命搬送が多様化へ

蚊が吸った「血液」のDNA鑑定で犯人逮捕へ! 4兆7000億人分の1人の判定精度で犯罪抑止

「蚊が出そうで蚊も出ぬ」――。要らぬ取り越し苦労はするなの戒めだ。だが、夏場の屋外の犯罪現場は、蚊がよく飛んでいるので、犯人の血液を吸っている可能性がある。蚊が犯罪現場の犯人の血液を吸い、その血液のDNA型から身元が割れたらどうだろう? 名古屋大学大学院医学系研究科…続きを読む

蚊が吸った「血液」のDNA鑑定で犯人逮捕へ! 4兆7000億人分の1人の判定精度で犯罪抑止
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真