「医療」の記事一覧

腸内細菌の酵素で血液型「A型とB型」を「O型」に変えることに成功!輸血用血液製剤不足の解消へ

8月19~23日にわたってボストンで開かれた米国化学会(ACS)の席上、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)生化学のStephen Withers教授の研究チームは、「ヒトの腸内細菌に存在する酵素を活用し、A型とB型の血液をO型に変換する実験に成功した」とする研究成果を…続きを読む

腸内細菌の酵素で血液型「A型とB型」を「O型」に変えることに成功!輸血用血液製剤不足の解消へ

京大がiPS細胞によるパーキンソン病の再生医療の治験をスタート

iPS細胞の衝撃の発表から10年。iPS再生医療の未来を揺るがすようなニュースが届いた。 7月29日、京都大学iPS細胞研究所の高橋淳教授らは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞をパーキンソン病患者へ移植する再生医療の治験を始めると発表。近々、治験の参加患…続きを読む

京大がiPS細胞によるパーキンソン病の再生医療の治験をスタート

『ブラックペアン』二宮和也は揺るがないが、東城大も帝華大も終わっている!

「人の敵は人」、「患者がいる、その人を助ける。以上!」、「腕のない医者は死んだほうがいい。お前の論文に書いていいぞ」などなどなど。 今週のブラックペアンは私の胸を突き刺す言葉が沢山飛び出していました!そして、渡海(二宮和也)のどすの効いた叫び声も響き渡っていました!…続きを読む

『ブラックペアン』二宮和也は揺るがないが、東城大も帝華大も終わっている!
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆