「医療」の記事一覧

世界の「がん患者の5年生存率」国ごとに格差 生存率が高い国は?

世界71カ国のがん患者約3750万人のデータを分析したところ、がん患者の生存率は世界的に上昇傾向にあるものの、この15年間の上昇率は国によって大きな格差があるとする「CONCORD-3研究」による論文が『The Lancet』1月31日オンライン版に発表された。 発表に…続きを読む

世界の「がん患者の5年生存率」国ごとに格差 生存率が高い国は?

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!

時を刻む「時計遺伝子」が約24時間周期のリズムを生み出し、体内時計のしくみが働くことで、我々の体はさまざまな調節を自動的に行っている。 体内時計の乱れは、さまざまな病気や不調を引き起こす原因となる。反対に、体内時計のリズムを正しく維持することで病気を未然に防いだり、改善…続きを読む

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!

医師と患者の信頼関係の実態は?セカンドオピニオンや新薬を断られると患者の満足度が低下!

患者と医師――。病が取り持つ腐れ縁もあれば、九死に一生を得る奇縁もある。夫婦のように寄り添う良縁もあれば、仇敵のように憎悪戦を強いられる悪縁もある。患者と医師。信頼を深め、絆を強める機縁はないのだろうか? 米カリフォルニア大学デービス校(UCD)のAnthony Jer…続きを読む

医師と患者の信頼関係の実態は?セカンドオピニオンや新薬を断られると患者の満足度が低下!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆