「医療」の記事一覧

「IoT」を医療やヘルスケアに特化した「IoMT」は未来の医療を激変させる

米国でも指折りのキャリアを誇る第1級の事務所 Reed Smith LLPで活躍する3人の医療法務エキスパートのMildred Segura氏、Christopher M. Butler氏、FarahTabibkhoei氏らは「IoMTが拓く新たなコンプライアンスへの果敢な…続きを読む

「IoT」を医療やヘルスケアに特化した「IoMT」は未来の医療を激変させる

殺人ウイルスの研究を米国立衛生研究所が支援!? 生物兵器が拡散する恐れも

2月12日(現地時間)、米国トランプ大統領の長男ジュニア氏が住むニューヨークの自宅に「白い粉」の入った郵便物が届き、それを開封した妻のヴァネッサ夫人ら3人が吐き気を訴え、病院に運ばれた。 ニューヨーク市警は人体への影響を否定し、「白い粉」の正体も「料理に使うコーンスター…続きを読む

殺人ウイルスの研究を米国立衛生研究所が支援!? 生物兵器が拡散する恐れも 

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!

時を刻む「時計遺伝子」が約24時間周期のリズムを生み出し、体内時計のしくみが働くことで、我々の体はさまざまな調節を自動的に行っている。 体内時計の乱れは、さまざまな病気や不調を引き起こす原因となる。反対に、体内時計のリズムを正しく維持することで病気を未然に防いだり、改善…続きを読む

抗がん剤は夜中の投与が効率的?薬の効き目は飲む時間で変わる!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波