「医療」の記事一覧

『ブラックペアン』二宮和也は揺るがないが、東城大も帝華大も終わっている!

「人の敵は人」、「患者がいる、その人を助ける。以上!」、「腕のない医者は死んだほうがいい。お前の論文に書いていいぞ」などなどなど。 今週のブラックペアンは私の胸を突き刺す言葉が沢山飛び出していました!そして、渡海(二宮和也)のどすの効いた叫び声も響き渡っていました!…続きを読む

『ブラックペアン』二宮和也は揺るがないが、東城大も帝華大も終わっている!

「片頭痛」を予防する最新装置の効果は? 磁気で脳の興奮を抑制 米食品医薬品局(FDA)も承認

米メイヨークリニック神経学のAmaal Starling氏らの研究チームは、患者が自宅で使用できる携帯型の単一パルス経頭蓋磁気刺激(sTMS)装置「SpringTMS」が片頭痛の予防に有効であるとする研究結果を『Cephalalgia』3月4日オンライン版に発表した。 …続きを読む

「片頭痛」を予防する最新装置の効果は? 磁気で脳の興奮を抑制 米食品医薬品局(FDA)も承認

薬剤師が選択した自殺方法は降圧薬、糖尿病薬、催眠薬の同時大量服用

私が約10年前に経験した降圧薬、経口糖尿病薬、催眠薬を同時過量服用して、自殺を企図した薬剤師の症例について報告する。 職場の人間関係や恋愛がうまくゆかず落ち込み、4年前より統合失調症にて某精神科で治療を受けていた35歳の現役薬剤師だった。 ある日、勤務先病院の薬局か…続きを読む

薬剤師が選択した自殺方法は降圧薬、糖尿病薬、催眠薬の同時大量服用
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆