「医療」の記事一覧

減量手術に新事実 35歳未満は効果がなく、高齢で受けた方が延命効果がある!

中年期から高齢の肥満患者は、減量手術を行うと生存率が高まることが、新たな研究で示された。一方で、35歳未満は減量手術による延命効果はみられず、特に女性で事故死や自殺などの「外因死」が増加していることもわかった。この知見は、「JAMA Surgery」オンライン版に2月10日…続きを読む

減量手術に新事実 35歳未満は効果がなく、高齢で受けた方が延命効果がある!

繰り返しが「神経」を鍛える! あらためて判明した「麻痺」から回復する科学的メカニズム

米国の科学誌『Journal of Neuroscience』(2016年1月13日号)に興味深い研究が発表された。“運動を繰り返すことで「神経」を鍛える”という、これまで経験上わかっていたことが科学的に裏付けされたのだ。 その研究タイトルは「Causal Link b…続きを読む

繰り返しが「神経」を鍛える! あらためて判明した「麻痺」から回復する科学的メカニズム

あなたの “ちょっと一服”が、愛しのペットに大きなダメージをもたらす!

政府は2020年(東京オリンピック・パラリンピック)に向けて、受動喫煙規制のための新法整備に乗り出す模様だ。 駅などの公共施設は全面禁煙とし、レストランやショッピングセンター、ホテルなど不特定多数の人が利用する施設は、分煙を義務づけ、違反者への罰則も設ける見通しだ。…続きを読む

あなたの “ちょっと一服”が、愛しのペットに大きなダメージをもたらす!
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸