「医療」の記事一覧

"妊活"している男性が取りたい食品とは? 不妊治療の成功にはこの肉を!

近年の晩婚化にともない、日本では不妊治療を受けるカップルが年々増加している。2013年に行われた体外受精は、36万8000件余り。10年前の3倍以上に増え、過去最多を更新している(日本産科婦人科学会のまとめ)。 一方、治療の結果に産まれた子どもの数は4万人余りと治療件…続きを読む

医療機関とのさらなる連携を! 知られざる鍼灸師の世界

40歳を過ぎてから、一念発起してはり師ときゅう師の資格を取得しました。 社会人になり、四六時中仕事のことばかり考え、我武者羅に働いた時期もありました。学生時代に負荷を掛けすぎた身体は、正直なところあちこちガタが来ており、30歳を過ぎた頃から痛みとなって現れました。この不…続きを読む

医療機関とのさらなる連携を! 知られざる鍼灸師の世界

秋口に冷房や秋雨で冷えすぎた体を回復させる方法とは!?

突然秋の気配が濃厚になっても、冷房の設定がそのままだと、想像以上に体が冷えすぎるもの。会社や電車の中の冷房は、スーツを着ている男性に快適でも、薄着の女性にとっては寒いくらいの温度に設定してあることが多いようです。特に、もともと冷え性気味の人には、冬よりつらい季節といえるかも…続きを読む

秋口に冷房や秋雨で冷えすぎた体を回復させる方法とは!?
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸