「医療」の記事一覧

パーキンソン病の再生医療――ES細胞とiPS細胞によるドーパミン産生細胞を脳に移植

パーキンソン病は、ドーパミンを作る中枢神経細胞が、脳の中央部の組織で減少するために、手足の震えや筋肉のこわばりが進行し、体が自由に動かせなくなる難病だ。ドーパミンは、快感、幸福感、意欲などを感じたり、運動機能を調節したりする脳内の神経伝達ホルモン。日本の患者数は約15万人。…続きを読む

パーキンソン病の再生医療――ES細胞とiPS細胞によるドーパミン産生細胞を脳に移植

クリニックでヘルニア手術、しかも日帰り!? 草創期から日帰り手術に携わったパイオニア

「手術のなのに日帰り!?」。最初に「日帰り手術」という言葉を耳にした数年前、多くの人がこう感じたはずだ。「日帰り温泉」や「日帰りバスツアー」といったお手軽なイメージがその言葉にはあるので、本当に日帰りで大丈夫なのか、という一抹の不安もあった。 ところが、いまや良性疾患の…続きを読む

クリニックでヘルニア手術、しかも日帰り!? 草創期から日帰り手術に携わったパイオニア

お金持ちは健康のため、貧困層は家事のための運動。中国で拡大する「健康格差」とは?

健康格差という言葉を聞いたことがありますか?例えば、貧困は、不衛生な環境や低栄養をもたらし、感染症の蔓延などを引きおこし、結果的に社会の中で貧富の差による大きな健康格差を生み出します。かつての日本もそうでしたし、今でも発展途上国では大きな問題です。しかし、これは、発展途上国…続きを読む

お金持ちは健康のため、貧困層は家事のための運動。中国で拡大する「健康格差」とは?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子