「医療」の記事一覧

スポーツで勝つには「死の恐怖」をコントロール~「死を意識」すれば勝利できるを実証!

アリゾナ大学のコリン・ゼストコット教授とジェフ・グリーンバーグ教授らの心理学研究グループは、「人間は死を意識するとパフォーマンスがアップする」という研究成果をスポーツ心理学の学術誌『Journal of Sport and Exercise Psychology』(2016…続きを読む

スポーツで勝つには「死の恐怖」をコントロール~「死を意識」すれば勝利できるを実証!

最も熟睡していないのは<働き盛りの40代男性> 疲労回復に効く「睡眠の質を上げる3つの方法」

日々気温が下がり、暖かな布団から離れがたい季節になってきた。ぐっすり安眠できるかと思いきや「たくさん寝たはずなのに疲れが取れない……」と毎朝ぼんやりしながら会社へ向かっている人はいないだろうか。 1日の疲れをしっかり取るには、睡眠時間の長さではなく「睡眠の質」が重要だ。…続きを読む

最も熟睡していないのは<働き盛りの40代男性> 疲労回復に効く「睡眠の質を上げる3つの方法」

もし飛行機内での急病人が発生したら? 新設された「医師登録制度」はJAL・ANAも問題だらけ!

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか~!」毎度おなじみのこのフレーズ。颯爽と手を上げたイケメン医師がすばやい処置を施す。現実はドラマのようにはいかない。 今春、公益社団法人日本医師会とJAL(日本航空)は、国内初の「JAL DOCTOR登録制度」を立ち上げた。…続きを読む

もし飛行機内での急病人が発生したら? 新設された「医師登録制度」はJAL・ANAも問題だらけ!
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆