「医療」の記事一覧

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

痛みを抑えるための薬は「鎮痛剤」という。薬物に詳しくない人間でも、鎮痛剤を注射すれば痛みが軽くなることは知っている。痛みで眠れないとき、鎮痛剤の効果は劇的である。ぐっすり眠ることで、体力が回復し、療養生活に大いにプラスになる。 では、痒みを抑えるための特効薬はあるのだ…続きを読む

脳に微弱電流を流してかゆみを止める研究に大きな可能性が!

救うのはあなたかも知れない! AEDと"心臓マ"を躊躇せずにできますか?

最近では、商業施設や学校、駅、空港などでごく普通に見かけるようになった「AED(自動体外式除細動器)」。病院外で突然の心停止が起きたときに、居合わせた人が除細動(電気ショックで心拍を正常なリズムに戻すこと)による救命措置を行える機器だ。 2004年に一般市民の使用が解…続きを読む

救うのはあなたかも知れない! AEDと

CTスキャンで細胞損傷、発がんの可能性 世界一のCT大国日本は大丈夫?

CTスキャンを受けると細胞傷害が生じることが、新たな研究で判明、「Journal of the American College of Cardiology: Cardiovascular Imaging」オンライン版に7月22日掲載された。ただし、それががんなどの健康問題…続きを読む

CTスキャンで細胞損傷、発がんの可能性 世界一のCT大国日本は大丈夫?
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

福岡記念病院救急科部長。一般社団法人・福岡博多ト…

河野寛幸