「医療」の記事一覧

シェークスピアも戯曲にした英国王リチャード3世の遺骨をDNA鑑定~明らかになった真実!

英国のレスター大学など6ヵ国の国際研究チームは、15世紀の英国王リチャード3世の遺骨の検視に関する論文を医学専門誌『Lancet』に発表。リチャード3世の凄惨な死が明らかになった(2014年9月17日「AFPニュース」)。 1485年8月22日、リチャード3世はイングラ…続きを読む

シェークスピアも戯曲にした英国王リチャード3世の遺骨をDNA鑑定~明らかになった真実!

病気にも<人種差>~ 日本人は糖尿病リスク! 「BMI値」は万能ではなかった?

海外土産として服を購入する際、「欧米人のMサイズ」と「日本人のMサイズ」は、かなり違うので要注意――これは「試着・返品自由」なネット通販全盛の現況下になっても変わらない、世間の常識だ。 今回ご紹介する「人種差」に関する最新の知見を一読して、そんなことを連想したのだが、若…続きを読む

病気にも<人種差>~ 日本人は糖尿病リスク! 「BMI値」は万能ではなかった?

嗅診って何? 息を嗅げば病気の正体がわかる! がんを嗅ぎ分ける探知犬も活躍

中国医学の診断法に四診(ししん:望診、聞診、問診、切診)がある――。 「望診(ぼうしん)」は、顔面(眉間、頬、鼻、顎)、舌(舌苔)、前腕や上腕などの皮膚の血色を見る。「聞診(ぶんしん)」は、声の調子・呼吸音を聞き、体臭・口臭を嗅ぐ。主訴、自覚症状、家族歴、現病歴、既病歴…続きを読む

嗅診って何? 息を嗅げば病気の正体がわかる! がんを嗅ぎ分ける探知犬も活躍
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太