「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「バターコーヒー」で50kg減を達成! IT企業家が編み出したダイエット法とはの画像1

朝食には“完全無欠のコーヒー”を(shutterstock.com)

 完全無欠のコーヒー(bulletproof coffee)をご存じだろうか。いま、痩せるならばワラをもつかみたいダイエッターの間で話題沸騰の「バターコーヒー」である。

 発案者は、IT起業家で投資家のデイヴ・アスプリー氏。ビジネスの成功の陰で肥満と体調不良に悩んだ彼は、持てうるスキルと私財30万ドルを駆使して、130キロの巨漢から減量50キロを敢行。自らの身体をバイオハッキング(数値化&徹底分析)し、試行錯誤の末、そのメソッドを確立した。

 計算された痩身効果に伴い、自らのIQも20ポイントアップさせたデイヴ氏は、その自伝的体験記『THE BULLETPROOF DIET(訳題:シリコンバレー式自分を変える最強の食事)』を上梓。

 セレブ勢やトップアスリート陣にも支持され、「全米の食生活を変えた」とうたうほどのベストセラーとなった。そのメソッドのなかでも耳目を集めたのが、バターコーヒーだ。

チベット茶の効能から独自ブレンドを

 きっかけは2004年のチベット登山時。薄い空気と零下23℃の厳しい条件下で立ち寄ったゲストハウスでふるまわれた、伝統的なヤクのバター茶がヒントをくれた。

 この生き返った心地のクリーミーな秘密はなんだ!? 軽装重視の彼ら遊牧民族が敢えて重いブレンダーや手動の攪拌機を常備している理由はなぜか……。

 ふたつの謎を解き明かすべく、アスプリー氏は全世界のブランドバターを買い漁った。数え切れない試飲の末、「グラスフェッドビーフ(牧草牛)の無塩バターを使う」という結論に至った。

 さらに長年のアンチエイジング研究から、ココナッツオイルの健康効果を熟知していた同氏は、MCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル)の“オリジナルブレンド”を加味した。

 高品質な一杯のコーヒーをいれたら、上質なバター(大さじ1杯)を入れ、好みに応じて、MCTオイル(大さじ1~2杯)を加える。アスプリー氏が、7年以上も続けているシンプルな朝食習慣である。

 デイヴ氏のダイエット成功のポイントは、中鎖脂肪酸を摂取して脂肪を燃やす「ケトン体ダイエット」と、プチ断食(fasting)の組み合わせだ。

 その際に最低15時間は強いられる「空腹感」を埋め、仕事の効率も低下させないための苦肉策として編み出されたのが、話題の「完全無欠コーヒー」である。

 腸内細菌にとって「恰好のエサ」となる抗酸化物質、「肥満の原因」を生む炎症を抑えてくれる抗炎症物質、コーヒーはその双方を豊富に兼ね備えているという。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇