肥満を招く「お好み焼き+ご飯」! W炭水化物の「主食重ね食べ」に警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肥満を招く「お好み焼き+ご飯」! W炭水化物の「主食重ね食べ」に警鐘の画像1

お好み焼きは「主食」か「おかず」か?(shutterstock.com)

 設問:次の4つから「ありえない組み合わせ」を選びなさい(複数回答可)。

 ①パスタ+パン
 ②うどん+かやくご飯
 ③ラーメン+チャーハン
 ④お好み焼き+ご飯。

 元来、正解のある類いの設問ではないが、普段から「炭水化物×炭水化物」の組み合わせをNGと律している方の場合は全部がアウト。また、①②③はなんら問題なしでも、「さすがにこの組み合わせはありえないぞ」と④に○をした方もいるのでは?

 一方、④も含め「ありえない組み合わせなんか、どこにもおらへんぞ!」と首を傾げた方は、おそらく関西出身者だろう。「粉もんパラダイス」の関西圏では、④も「(立派な)おかず+ご飯」の組み合わせだ。

関西人の常識は他県の非常識?

 いずれも「炭水化物+炭水化物」の組み合わせ、言い換えれば「主食の重ね食べ」であることに違いはない。しかし、出身県や幼少期からの食習慣によって、その回答の選択肢が分かれるところ。とりわけ関西人にとっては、④のみを「正解」に選ぶ大方の人々の感覚自体が、「それこそ、ありえへん」のかもしれない。

 そんな関西人の食生活の実態が明らかにされたのが、先日、大阪府健康医療部が公表した『大阪版健康・栄養調査結果』(速報版)だ。なかには「主食の重ね食べをどう思うか?」などのシビアな設問もあり、地元発のやや耳が痛くなるような実態と本音の声が読み取れた。

 府民を対象に食への意識と行動を中心に独自の健康・栄養調査を行なったのは、大阪府としても初の試みである。成人調査の項は昨年11~12月に実施され、国民生活基礎調査世帯から抽出した1564世帯の18歳以上の人々が回答を寄せた(回答率61.3%=1858人)。

4人に1人は毎日「粉ざんまい」

 主食の食べ重ねに関する回答グラフを一瞥すると、「お腹いっぱいになると思う」と「大阪らしいと思う」という肯定系の回答率が世代別・男女別を越えて、ほぼ同じような数値(=同率2位的に)で並んでいる。

 一方、やはり世代別・男女別の枠を越えて最も回答率を稼いだのが、「太りそうだと思う」という懸念傾向の意見である。女性の5~6割がそう考えており、男性層でも3~4割にのぼっている。

 しかし、いくら心ではそう思いつつも、「週1食以上」は主食の重ね食べをしている男性が61%、女性が47%。さらに「1日1食以上」という粉ざんまい(粉まみれ?)派が4人に1人にもなった。

 この週1食以上(毎日1食以上を含む)重ね食べをしている人の割合を体格指数別で見ると、BMI25以上の「肥満型男性」が70%強おり、女性も56%強を占めた。これはBMI18.5%未満の「やせ形男性」の53%、「やせ形女性」の41%と較べれば、15~17ポイントの差が認められる。

 もっとも、大阪府によれば、18歳以上の肥満割合は男性で25%、女性で18%と、いずれも20歳以上の全国平均よりは「低め」なんだとか。つまり大阪名物の食文化である「主食の重ね食べ」を一概に悪者扱いはできないのだが……。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真