「座り過ぎ」を挽回する方法~ウオーキング会議、スタンディング・デスク、1時間の運動……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6458-2.jpg

オフィスワーカーは1日1時間の運動を(shutterstock.com)

 デスクワークなどで日常的に座る時間が長いと健康を害する――。近年、そんな研究結果が相次いで報告されている。

 心臓病や糖尿病、がんなどの病気を発症するリスクが高いだけでなく、寿命も短くなるというショッキングなものだ。

 たとえば、45歳以上で1日に合計11時間以上座っている人は、4時間未満の人に比べて、総死亡リスクが1.4倍高くなることが知られている。今春には、世界で年間43万人以上が「座って過ごす時間が長過ぎること」が原因で死んでいるという、ブラジル・サンパウロ大学予防医学のショッキングな報告もあった。

 厄介なのは、健康維持推奨レベルの運動をしていても、座り過ぎていると、こうした健康リスクは減らないという点だ。最近では、運動はしているけど座り過ぎの人のことを「アクティブカウチポテト」と呼ぶらしい。

「座りっぱなし」の健康被害は避けられる

 特に日本人成人の平日総座位時間は1日420分(中央値)にもなり、世界20カ国のなかでも最長。国民の多くが座り過ぎだ。

 デスクワークが中心のオフィスワーカーにとってはどうしようもないが、あきらめるのはまだ早い。

 1日8時間座っていたことでアップした死亡リスクは、1日1時間の運動で帳消しにできるというのだ。ノルウェーのスポーツ科学大学のオルフ・エーケルンド教授らによる男女約100万人のデータ分析から明らかになった。7月27日発行の英医学誌『Lancet』(電子版)に発表された。

 研究グループは今回、北米や欧州、オーストラリア、日本などで実施された16件の調査に参加した45歳以上の男女100万5791人のデータを分析。すると予想通り、座っている時間が長いと死亡リスクが高くなることが確認され、特に心疾患や乳がん、大腸がんによる死亡リスクが高まることがわかった。

 さらに、1日当たりの運動強度を「最低(1日5分以下)」「低い(25〜35分)」「高い(50〜65分)」「最高(60〜75分)」の4グループに分けて分析。

 驚くことに、「最高」のグループは座り過ぎ(1日8時間)による死亡リスク上昇は認められなかった。つまり、1日当たり60〜75分の運動で、座り過ぎのリスクが帳消しになることが示されたという。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆