「ヘルスケア」の記事一覧

集中して"吹く" 見直された意外なゲームが体を活性化!

巷にはいろいろな健康法が溢れているが、今注目されているのが「吹き矢」。公共施設などでは、「健康吹き矢教室」があちこちで開講されている。「老若男女が気軽に楽しめるスポーツ」というふれこみは、運動不足の人にも敷居が低く、参加心をくすぐるようだ。 日本吹矢道協会西東京支部の…続きを読む

集中して

どうしてダイエットのあとにリバウンドが起きてしまうのか?

年齢を重ねるごとに体重が増える。ダイエットしてもやせない。リバウンドして太る。そんな悩みを抱えて、ダイエットにチャレンジしている人は多い。どれだけ時間やお金をかけても、ダイエットが成功しないのはなぜだろう。食事の摂取カロリーと運動の消費カロリーのバランスに注意するだけでいい…続きを読む

どうしてダイエットのあとにリバウンドが起きてしまうのか?

平安貴族の藤原道長も苦しんだ糖尿病......全世界の患者数は30年で13倍!!

日本が誇る世界最古の長編小説『源氏物語』。この物語の主人公「光源氏」のモデルとされているのが、平安時代中期の貴族、藤原道長だ。 摂政・太政大臣を歴任し、時の権力者となった道長の死因は、糖尿病だと考えられている。同時代の貴族、藤原実資(さねすけ)の日記に道長の病状が記され…続きを読む

平安貴族の藤原道長も苦しんだ糖尿病......全世界の患者数は30年で13倍!!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆