連載「-5歳を実現する、50歳からのエクササイズ」第13回

いまや<腹筋女子>が理想のカラダ!? あなたの腹筋はすでに割れている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
33925540.jpg

「腹筋女子」をめざすには……(shutterstock.com)

 男性なら誰もが憧れる「シックスパック」。女性にもそのブームが到来し、最近では「腹筋女子」が話題になっています。

 「腹筋女子」とは、腹筋が割れて見えたり、アブクラックスといわれる腹部の縦筋が見える女性のこと。モデルでタレントのローラや紗栄子、中村アン、女優の榮倉奈々、松岡茉優、秋元才加など……。皆さん、メディアやインスタグラムなどのSNSで、見事な腹筋を披露しています。

 そんな有名人に触発されて、美しく引き締まったウエストにあこがれる女性は少なくないでしょう。「腹筋女子」の流行りは、SNSの普及と無関係ではないように思います。ダイエットに成功した美プロポーションが手軽に公開され、それに感化されてチャレンジ――。

 今では、モデルの世界でも<痩せすぎはNG>。ほどよく筋肉のある締まったスタイルが評価されており、健康的な身体が理想的と捉えられつつあります。

あなたの腹筋もすでに割れている?

 とはいえ、「私にはとてもムリ」と最初から尻込みしそうですね。しかし、漫画『北斗の拳』の名セリフならぬ、じつは「あなたの腹筋はすでに割れている!」のです。

 「シックスパック」の筋肉は「腹直筋」。縦に伸びた2枚の腹直筋が、「腱画」と呼ばれる横に走る腱で締め付けられて、6つに分かれて見えるのです。この腹直筋と腱画は、どなたも持っています。つまり、誰でもシックスパックのお腹なのです。ちなみに、この腱画は個人差があり、2本や4本の人もいます。

 腹筋が目で見て判別できないのは、腹筋を脂肪が覆って見えないのです。たとえば、力士の筋量は一般人よりはるかに多く、腹筋も例外ではありません。ところが、腹筋の上にそれ以上の脂肪がのっているので<見えない>わけです。

 逆に考えれば、お腹の皮下脂肪を減らせば、誰もが腹筋が際立って見えるウエストを手に入れることができます。巷ではさまざまな「腹筋運動」が紹介されています。
腹筋を鍛えて筋肉を大きくし、代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくすることは、理論的には間違っていません。

 しかし、腹筋運動だけでは、割れて見えるお腹を手に入れることはできません。腹筋運動を頑張っても、なかなか成果が現われない……。

五十嵐あゆ子(いがらし・あゆこ)

タイ式ヨガ「ルーシーダットン」マスターコース認定インストラクター。Hot Yoga & Fitness Space Gillで指導。身体運動学を学び、整形外科病院などにも勤務。アスレチックリハ(運動療法)担当トレーナーとして活動、リハビリ、運動指導、医療講演など行う。その後、メディカルフィットネスクラブでフィットネスインストラクターを兼務。現在、株式会社ドリームゲートの専務取締役兼インストラクターとしてフィットネスクラブの運営、ヨガレッスン、パーソナルトレーニング、キッズ~ジュニアの運動指導、健康講座などを行っている。

五十嵐あゆ子の記事一覧

五十嵐あゆ子
<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛