「ニッポン美肌県」4連覇は選挙制度で揺れる過疎が進むあの県~美肌をつくる“5大要件”とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
beautifulskin.jpg

美肌をつくるには“5大要件”がある?(shutterstock.com)

 今回の参院選のテーマのひとつは「選挙制度」。隣接する選挙区を一つにする「合区」が、憲政史上初めて運用された。

 「一票の格差」是正のため、「島根・鳥取」「徳島・高知」の4県をそれぞれひとつにしたことで、自分たちの県を代表する議員がいなくなる。

 最高裁から違憲状態と指摘され、小手先の定数是正を繰り返してきたが、それも限界ということが改めて明らかになった。

 対象となったのは、いずれも高齢化率も高く、過疎化が進む地方だ。マイナスなイメージで注目されるなか、意外なことで高評価なのが島根県である。

 じつは、日本を代表する「女性の美肌県」として首位4連覇をマーク。大手化粧品メーカー・ポーラによる『ニッポン美肌県グランプリ2015』(発表は例年11月12日:いい皮膚の日)において、現在4年連続で調査結果の首位に君臨している。

 この美肌県調査は、次の6要素をポイント化してランキング評価するものだ。

 ①肌がうるおっている、②キメが整っている、③毛穴が目立たない、④くすみがない、⑤シミができにくい、⑥ニキビができにくい

肌荒風と毛穴熱風に要注意!

 2015年度も、ポーラのスキンチェックを受けた全国73万人(平均年齢40.6歳)の女性データに基づいて、都道府県別の美肌偏差値が割り出された。

 結果、4連覇ばく進中の島根県の場合、肌の美しさを左右する要因として同社が挙げる、次の「5大条件」が整っているという。その要因とは、「水蒸気密度」「日照時間」「生活習慣」「肌荒風」「毛穴熱風」だ。

 最後の「毛穴熱風」に関しては当サイトでも以前に解説したので御参照いただきたい(紫外線だけではない! 毛穴を広げる"熱風"があなたを襲う!?)。

 もう一つの聞き慣れない「肌荒風(はだあらしかぜ)」とは、肌のうるおいを奪う2種類の風を指す。

 高い山脈を越えてくる「乾燥型」と、狭い平野を通り抜ける「突風型」である。空っ風の強い北関東は、この点で美肌環境のハンディを抱えていることになる。

 では、この5大要因に関して、首位・島根県の結果内訳をみてみよう。

 うるおい度に関係する「水蒸気密度」は11位、紫外線量に関係する「日照時間」は7位、肌全般の状態を左右する「生活習慣」に関しては30位という低位ぶり……。

 それでも、うるおい度に影響する「肌荒風」や、毛穴の広がりにつながる「毛穴熱風」は、「特に影響なし」という地の利が効いている。

 さらに「美肌偏差値72.4」である島根県の美肌グラフ(レーダーチャート)を閲覧し、いい順から項目をあげてみると、

 ◆肌がうるおっている(5位)、◆キメが整っている(6位)、◆ニキビができにくい(8位)、◆毛穴が目立たない(11位)、◆シミができにくい(12位)、◆くすみがない(18位)。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔