「裸足」が潜在的な認知力を高める!? 現代人の“退化”は靴を履いてから始まった?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4371-2.jpg

ランニングは「裸足」が一番!?(shutterstock.com)

 走りを楽しみながら、一石二鳥で脳の機能も高めたい――。

 そんな効率派のランナーは、いっそランニングシューズを脱ぎ捨てて、可能なかぎり「裸足」で走ったほうが望みを達せられるかもしれない。

 そんな「裸足の効用」を裏づける研究報告が、『Perceptual and Motor Skills』(2016年4月号)に掲載された。同研究は米国・ノースフロリダ大学(UNF)心理学部のRoss Alloway氏らが実施。

 18~44歳のボランティア72人の協力を得て、各自のペースで約16分間を「裸足」と「靴着用」の両仕様でランニング実験をしてもらった。

 その際、いずれも屋外での走りをシミュレートする目的から、被験者には平らな部分を踏みながら走るように指示したという。これは人間が裸足で走る場合、自分の足を傷つけかねない物体や道路状況に注意を払い、足の置き場を反射的に考慮するためだろう。

 実験の結果、靴を履いて走った場合とは違った興味深いデータが得られた。裸足で走った後は作業記憶(working memory)、つまり情報を想起したり処理する能力の向上が約16%アップと顕著に読み取れたが、靴を履いてのランニング後は同じ効果が得られなかったそうだ。

楽しんで走りつつ潜在的な認知力を高める

 この違いの分岐はどこにあるのか。研究者たちの見解では、「裸足走行」のほうが精神的な強さが求められ、自ずから作業記憶を利用しなければならない相違点がある。その差が効果の違いを説明できる可能性を秘めているのではないかとしている。

 Alloway氏はこう語る。

 「些細なことが最大の影響や効果を及ぼすことはよくあります。今回の研究でも、楽しんで走りつつ自分の潜在的な認知力を高められるということが示唆されたと思います」。

 共著者の1人も「今日、作業記憶は認知スキルだという認識が高まりつつあります。今回の結果は楽しんで作業記憶を高める方法を探している方々には朗報でしょう」と補足する。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫