「見た目の劣化」は過度の飲酒やタバコが招いた結果かも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エッ!「見た目の劣化」は過ぎた飲酒やタバコが招いた結果かも……の画像1

その一杯、その一本が、老け顔の源になるs(depositphotos.com)

 年末・年始の飲み過ぎには、なにかと注意を怠るまい。そう思って臨んでも、ついついキャパ越えしてまで飲んでしまうのが、この時期の常である。

 が、無礼講な酒席や二次会での「過度の飲み過ぎ」だけはやはり慎みたい。しかも当初の非喫煙組への遠慮もどこへやら、杯を重ねるほどに辺り構わずスパスパという「酒もタバコも派」の方々はどうか、以下の記事を熟読してほしい。とりわけ女性層は必読!

実年齢よりも老けて見えやすい!

 酒類の飲み過ぎや人一倍の喫煙習慣は、深刻な健康リスクをもたらすばかりか、その人の見た目(外見)をも左右しかない影響を及ぼす――。

 そんな可能性が、南デンマーク大学(デンマーク)のAnne L. Schou氏らによる最新研究によって示唆され、『Journal of Epidemiology & Community Health』12月号で報告された。

 研究陣の見解によれば、人並み以上に酒もタバコも(あるいは酒かタバコのいずれかを)嗜む習慣のある人の場合、目や耳の部位に「老化のサイン(徴候)」が現われるのが早い傾向にあり、「実年齢よりも老けて見えやすい」ことが判明したという。

一杯と一服から老化が…

 美容面でも興味深い今回の観察研究に際しては、21~93歳までのデンマーク人、その数1万1613名を、約12年間にわたって追跡調査した「コペンハーゲン市心臓研究(CCHS研究)」の信頼に足るデータが用いられた。

 ちなみに対象者の週当たりの平均飲酒量は、男性で11.4杯/女性で2.6杯。一方、喫煙者の割合は、男性で67%/女性で57%を占めていた。

 では、過度の飲酒や喫煙がもたらす外見への影響度とはいかなるものか? 研究班は「老化の徴候」が見た目からも判るとされている以下4点の発生に着目し、観察を実施した。

①両目の角膜周囲に見られる不明瞭な灰色の輪(=角膜環)
②上まぶたにできる黄色の結節(=眼瞼黄色腫)
③耳たぶの深い襞(=フランク徴候)
④男性型禿頭症

 さて、ここから先の解析結果は(躊躇する思いを越えて)どうか、手鏡を片手に御自身の容貌と向き合いながらお読みいただきたい。

 Schou氏らの解析によれば、愛煙層の喫煙量が増えるに従って、①角膜環と②眼瞼黄色腫、さらに③フランク徴候を生じるリスクは上昇していた。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆