ハゲ解決策?「M字型薄毛」には<神業パーマ>! 一目瞭然の実例サンプルを見よ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「M字型薄毛」の解決策は<神業パーマ>にあり! 実例サンプルで一目瞭然!の画像1

「M字型薄毛」の悩みはヘアカットとパーマで解決!(depositphotos.com)

 薄毛の中でも比較的、若年層から悩む人が多いのが「M字型薄毛」。額の生え際の両サイドが薄く、中央のみ毛が残るため、アルファベットのM字型に薄毛が進行するのが特徴だ。

 初期の場合は前髪をストンと落していれば、他人には気づかれにくい。でも、なにもしなければ確実に剃り込み度が深まっていくから、いつまでも同じ隠し方だと、正直、不自然な感は否めないもの。

 たまに電車の中で出くわす、この手の薄毛君――。「キミ、前髪のデザインさえチェンジすれば、メチャクチャあか抜けるのに……」

<すだれバング>こそ不自然に

 M字型に限らず生え際が後退してきている薄毛の場合、どうしてもトップの毛や今ある前髪(バング)で無理やり隠しがちだ。でも、この「隠す」という行為が、他人にはかなり不自然に見えることもある。

 隠すことで両端が全く透けない程度の薄毛なら、今のところまだセーフ。育毛ケアを心がけて進行を遅らせる、または毛髪を太く丈夫に育てていくことがベストだ。

 その一方、「今ある前髪だけで上手くごまかせない」「トップの毛を無理やり前髪にしても透ける」、そんな場合は今すぐヘアスタイルをチェンジすべきだ。

 この状態は、俗に言う「すだれ前髪」で、毛で隠せない透けた額に目が行きがち。実状よりも薄毛の印象を他人に与えてしまう。また、毛髪自体も細く軟毛になっているため、ちょっとした風でもペラペラと前髪が乱れやすい。

 それをごまかそうとハードスプレーで固めてしまう人もいるが、弱った髪にハードスプレーをたっぷり吹き掛けると、ゴワゴワとした質感が悪目立ちするので絶対にNG。むしろ、人の目を引き付けるので注意したい。

無理やり隠すな! カット&パーマが最良方法

 育毛には、睡眠や食事、ストレスの軽減など日常のケアが大切――とはいえ、今の状態を何とかしたい「M字型薄毛」。

 ではどうするか? 一番ナチュラルかつ即効カバーをする方法はヘアカットとパーマだ。額の生え際が薄い場合、ここに生えている毛は昔より確実に毛が軟弱化している。だから伸ばすとペラペラで、すだれのような不自然な前髪になる。

 男性に人気のヘアスタイリスト、「MAGNOLiA omotesando」のDAISUKEさんは次のように話す。

 「額がM字型に後退している方は、周辺の毛が内側(眉間の位置)に入りやすいので、余計にスカスカして見えます。また、フロントの毛が薄い分、見た目にボリュームもありませんから、横から見た時にシルエットが貧相になります」

 「これを解消するには、前髪に重さを残してカットを施したら、毛の薄い部分にパーマでウェーブの重なりを与えます。曲線を重ねることで自然と薄い部分が隠れ、透け感が出てもナチュラルな印象に」

 実際に、DAISUKEさんが提案するデザインの一例を紹介しよう。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆