ヒゲのある女子「ヒゲジョ」が急増中! 他人ごとではない<ヒゲ問題>の原因とケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒゲのある「ヒゲジョ」が急増中! その原因とお手入れ法とは?の画像1

いま「ヒゲジョ」こと「ヒゲのある女子」が増加中とのこと(depositphotos.com)

 いま「ヒゲジョ」が増えている――。「ヒゲジョ」とは、読んで字の如く「ヒゲのある女子」のこと。

 「女性なのにヒゲって生えるの?」なんて思う人がいるかもしれない。はたまた「そういえば幼い頃、鼻の下にうぶ毛が多い女の子って、ひとりやふたり、いたかも」なんて思いだす人も……。 

 子どもなら「これも愛嬌♡」なんて母親が様子を見守ることができるものの、大人になってから生えてくる濃いうぶ毛は、当然、見過ごすことなどできない! また、人によっては、まるで男性のヒゲのような、濃くて太い毛がニョキッと数本生えてくることも。

 じつは、この<ヒゲ現象>に悩む女性が近年は増加している。生活習慣の変化も相まって、今や誰でも起こりうる<肌トラブル>のひとつとなっているのだ。

あなたは大丈夫? 大人女子のヒゲが生える原因

 「以前に比べ、だんだんヒゲが濃くなってきたかも……」と感じる人はホルモンバランスの乱れが原因の可能性がある。

 もちろん、加齢とともにホルモンバランスは崩れていくものだが、最近は「プチ更年期」という言葉が話題になるほど、20代~30代でもホルモンバランスが乱れやすい環境にさられている。

 では、加齢以外になにが原因でホルモンバランスが乱れるのだろうか?

原因1・ストレス:ストレスはホルモンのバランスを乱す大きな原因だ。ストレスで女性の体内に存在する男性ホルモンが優位になる。すると、身体が男性に近づこうと働き、体毛が濃くなったりヒゲが生えてしまうのだ。

原因2・偏食や睡眠不足:美容の基本である、バランスのいい食事や良質な睡眠を怠るとホルモンバランスは崩れてしまう。もちろんタバコは禁物! 一般的に美容に悪いといわれていることは避けたい。

原因3・オーバーワークと女性の地位向上:仕事を頑張り過ぎてオーバーワークがたたると、交感神経が優位の状態が続き、男性ホルモンの分泌が活発になることがある。男性ホルモンは体毛に影響するため、女性でもヒゲが生えてくる場合があるのだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆