黒柳徹子さんが骨折から1カ月で舞台復帰!驚異的な健康と美の秘訣は「スクワット」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒柳徹子さんが骨折から1カ月で舞台復帰!驚異的な健康と美容は秘訣は「スクワット」の画像1

「スクワット」で全身を若返らせよう(depositphotos.com)

 トーク番組『徹子の部屋』でおなじみの黒柳徹子さんは、現在84歳。テレビ草創期から今日に至るまで第一線で活躍してきた。

 そんな彼女が、現在、『想い出のカルテット~もう一度唄わせて~』という芝居に出演し、車椅子で役を演じている。なぜ車椅子か? 実は、8月末に大腿骨を骨折し手術を受けていたのだ。手術後10日で芝居の稽古を再開し、1ヵ月で歩けるまでに回復したというが、大事を取って役を車椅子に座って演じられるように変更したという。

黒柳徹子、森光子の驚異の現役活躍を支えたスクワット

 黒柳さんは、毎日スクワットをしていることで有名だ。1998年にジャイアント馬場さんが『徹子の部屋』に出演した時に自らスクワットを実演して、教えてもらった。以来、寝る前に50回のスクワットを実行してきた。今回、骨折の経緯は明らかにはされていないが、手術後の異様に早い回復は、長年のスクワットの効果といっても間違いないだろう。

 そういえば、92歳で亡くなった森光子さんもスクワットをやっていた。彼女はジャニーズ事務所から紹介されたトレーナーに教えられたという。森さんは朝晩75回ずつ、計150回のスクワットを毎日していた。

 2人に共通する点は何だろう? 長寿であること。高齢でも元気に過ごしていること。いつまでも頭の回転が衰えないこと。肌や髪の美しさを保っていること……。すべてスクワットのおかげとはいわないが、スクワットは多くの健康・美容効果が期待できるのは事実だ。

ダブルで効く! 脳と筋肉からやせる・美肌ホルモン

 スクワットは、単純な下半身だけの運動ではない。しゃがんで立つ時に、上半身をしっかり維持させる運動でもある。つまり、人体の筋肉を総動員して使う全身の筋肉トレーニングなのだ。

 その結果、全身の筋肉量が増える。筋肉が増えると、基礎代謝が高まる。基礎代謝とは、安静にしているときに消費するエネルギーのことで、これが高くなると、楽にやせることができるのだ。

 スクワットは筋肉が増えるだけではない。筋肉を刺激すると脳の脳下垂体から、安静時の100~300倍も成長ホルモンが出る。これは、脂肪の分解を促し、筋肉や肌を修復、再生してくれるホルモンだ。さらに、下半身の筋肉自体から「マイオカイン」というホルモンが出ることも分かってきた。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子