「MEC食」(肉・卵・チーズ)で知る「糖質制限」の誤解~ 本当に効く健康的なダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「MEC食」(肉・卵・チーズ)で知る「糖質制限」の誤解~ 本当に効く健康的なダイエットの画像1

MEC食は肉・卵・チーズを食事の中心にして必須栄養素を満たす(depositphotos.com)

 「MEC(肉・卵・チーズ)食」をご存じだろうか? テレビや書籍、雑誌などで知った人も多いだろう。

 今年5月には、テレビ番組『ダイエット総選挙2017夏の陣☆超最新ラクやせ術で体重−15Kg超え続々SP!』(TBS系)の優勝チームが実践した「肉食やせダイエット」として話題を呼んだ。

 「MEC食」は広い意味では「糖質制限」のジャンルに含まれるが、そのアプローチや目的は大きく異なる。「糖質制限」はマイナス(除外・制限)だが、「MEC食」はプラス(栄養摂取)である。

 ダイエットにとどまらず、糖尿病、肥満、生活習慣病、アトピー、うつ……さまざまな悩みを解消する「MEC食」だが、シンプルな食事法であるがゆえ、自己流で誤ったMEC食を行い、効果が得られなかったり、逆に体調を悪化させたりするケースもあるようだ。

 「正しいMEC食」を知る――実際にその恩恵を受けた体験者たちが、SNSなどで啓発・活動を行っている。11月12日、東京都内で開催された「東京MEC食講演会」の内容を一部紹介する。

タンパク質と脂質を十分に摂取する

 まず、MEC食の重要なポイントは次の2つだ。

①肉・卵・チーズを食事の中心にして必須栄養素を満たす 

②一口30回かんで食べる 

 肉(meet)と卵(egg)、チーズ(cheese)の頭文字を取って「MEC食」と名付けたのは、考案者であるこくらクリニック(沖縄県)院長の渡辺信幸医師。まず<肉・卵・チーズ>でタンパク質と脂質など必要な栄養素を十分に摂取して、糖質中心の一般的な食事で陥った栄養不足を解消する。

 その結果、肥満や糖尿病、うつ、イライラなど幅広い症状が改善するのだ。

 MEC食では、1日当たり「肉を200グラム」「卵を3個」「チーズを120グラム」を食べるのが基本。これで足りなければ、量を増やしてもかまわない。

 もう1つ大切なのが「よく噛んで食べる」こと。一口30回以上、しっかり噛むことで、栄養の吸収を高めるだけでなく食べ過ぎを防ぐ。加えて、噛むことは脳へ刺激を与え、活性化させるとすでに報告されている。

 この2つを守ることで糖質の摂取量が減る。つまり、MEC食における糖質制限は「目的」ではなく、「結果の1つ」に過ぎないのだ。

 MEC食を実行して健康を取り戻した人々は、自身の体験をSNSで紹介している。そして、それぞれが情報交換を行って、3年ほど前から各地でグループが派生している。

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志