インスタグラムに騙されるな!整形美容投稿で非認定医の過剰投稿多数!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インスタグラムに騙されるな!整形美容投稿で非認定医の過剰投稿多数!の画像1

インスタグラム(Instagram)に騙されるな!?(depositphotos.com)

 米ノースウェスタン・メディスンのClark Schierle氏らの研究チームは、脂肪吸引や鼻の整形などの美容外科手術を希望してSNSの「インスタグラム(Instagram)」で検索しても、信頼できる医師が見つかる可能性は低いとする研究結果を『Aesthetic Surgery Journal』8月30日オンライン版に発表した(「HealthDay News」2017年8月30日)。

認定医による投稿は17.8%、非認定医による投稿は26.4%

 発表によれば、研究チームは、インスタグラムで「#美容整形」「#フェイスリフト(顔面のしわやたるみを取る施術)」「#豊胸」「#タミータック(腹部のたるみを取る施術)」など美容外科に関連する21のハッシュタグが付けられた投稿を検索。ヒットした約180万件の投稿のうち、それぞれのハッシュタグごとに人気の高い9件、計189件の投稿の内容を詳細に分析した。

 その結果、米国外の医師による投稿を除けば、米国美容外科学会(ASAPS)の認定医でない専門外の医師による投稿が全体の26.4%を占め、ASAPSに認定された形成外科医による投稿(17.8%)を上回っていた。

 非認定医の専門科は、耳鼻咽喉科、皮膚科、一般外科、産婦人科、一般内科、救急科だった。また、歯科医、スパ施設、美容室のスタッフによる投稿も5.5%を占めていた。

 また、これらの投稿の約7割は自らの施術を宣伝する内容で、残る3割は教育的な内容だった。なお、ASAPSに認定された形成外科医による投稿は、専門外の医師による投稿と比べて教育的な内容が多い傾向があった。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真