奇跡の40代の秘訣は「派手さ」より「癒し感」のナチュラルメイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「奇跡の40代」の秘訣は「派手さ」より「癒し感」のナチュラルメイクの画像1

「奇跡の40代」のメイクのポイントは?(depositphotos.com)

 2016年の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の全11話が、今年の大晦日と正月に一挙放送されます。このドラマで「アラフィフなのにかわいい」と人気が再燃したのが石田ゆり子。

 今年11月に発表された『第2回 女性が選ぶ理想の<オトナ女子>』(調査機関:オリコン・モニターリサーチ)では、昨年の圏外から堂々の1位を獲得しました。

 柔らかい雰囲気のあるオトナの女性といえば、石田ゆり子のほかにも、永作博美、原田知世、吉田洋……。ここ数年「奇跡の40代」とされる有名人は、歳を重ねるほどに人気が上昇している人ばかり。

 原田知世に至っては、50代に突入したにも関わらず、世間から聞こえる声は一様に「可愛い」……。そういえば、ミュージシャンのYUKIや森高千里もアラフィフだけど、「痛い印象」は皆無といっていいほど愛らしさに溢れていると思いませんか?

 「これってなぜ?」「世間の40代もそう?」「いやいや全く違うでしょ……」などなど、読者からさまざまな声が聞こえてきそうですが、実際のところ、ここ10年ほどで40~50代女性のロングヘア率がグッと上がったというデータもあるほど、女性の美容意識が高まっているのは事実です。

 アンチエイジング系コスメやスキンケアの進化、カリスマ美容師の出現もあり、<オトナ女子>がきれいになる術は、十分に整っているといえそうです。

 「もしかしたら、私も永作ちゃんになれるかも?」「石田ゆり子も夢じゃない♪」と期待することは、じつは非現実的でもありません。でも、鏡の前の私は、シワや白髪が気になるお疲れ顔……。

 では、「いつまでも若々しい<オトナ女子>」は、いったい何が違うのでしょうか?

「美人顔」を追い求めるより「癒し顔」を目指すのがカギ

 今どきのアラフィフ女性は、あのバブル時代の恩恵を受けている人たち。『Story』や『GLOW』『HERS』などのファッション誌の購買率が高く、自分磨きに余念がない世代です。

 「きれいに見える=派手な印象」という方程式を未だ追い求める人も少なくありませんが、<大人女性>は、この方程式を大昔に卒業している人たちばかりです。

 「奇跡の40代」と呼ばれる人たちの特徴は、「ナチュラル感」のさじ加減が上手いこと。「派手さ」より「癒し感」のあるメイクで、無理な若作りもせず、といって清潔感とほんの少しの色気を上手にミックスする、絶妙な<大人のナチュラル>を体現できているのです。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇