「食の安全・栄養」の記事一覧

「 ビタミンB3(ナイアシン)」を摂取すれば「流産」や「胎児の先天異常」が激減!

ビクター・チャン心臓病研究所(Victor Chang Cardiac Research Institute)の研究チームは、「ビタミンB3(ナイアシン)を摂取するだけで、流産や先天異常を大幅に減少できる可能性がある」とする論文を米医学誌『ニューイングランド医学ジャーナル(…続きを読む

「 ビタミンB3(ナイアシン)」を摂取すれば「流産」や「胎児の先天異常」が激減!

「植物油」を摂ればコレステロール値が下がり「心血管疾患」の発症リスクを約30%が減少

米ハーバードT.H.チャン公衆衛生大学院教授のFrank Sacks氏は、肉やバターなどに含まれる「飽和脂肪酸」の摂取を控え、コーン油やオリーブ油などの植物油に含まれる「多価不飽和脂肪酸」や「一価不飽和脂肪酸」を摂取することを勧める米国心臓協会(AHA)の新しい勧告を『Ci…続きを読む

「植物油」を摂ればコレステロール値が下がり「心血管疾患」の発症リスクを約30%が減少

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ 中国では日本食品を危険視

中国産の食品に対する警戒感は依然高い。毒入り冷凍ギョーザ事件、期限切れの鶏肉チキンナゲット事件、インドネシアで見つかった中国製のプラスティック米などなど数えだしたらきりがない。 こんな事件もあった。北京大衆紙・新京報が伝えた「「光る豚肉」だ。飼育のとき、基準値を超えた…続きを読む

中国産豚肉の安全性に警鐘ならすエッセイ 中国では日本食品を危険視
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆