「食の安全・栄養」の記事一覧

「希少糖」が世界を席巻!? 甘さ30%オフでカロリーゼロの香川生まれの「夢の甘味料」

「甘い話には毒も罠もある、絶対に乗るなよ!」――口が酸っぱくなるほど言われても、誘惑に負けてうっかり手を出してしまう。甘いものには徹頭徹尾、甘い。それが悲しいかな、人間の性らしい。 経済ジャーナリストの松崎隆司が著した『香川発 希少糖の奇跡――太りにくい「夢の甘味料」』…続きを読む

「希少糖」が世界を席巻!? 甘さ30%オフでカロリーゼロの香川生まれの「夢の甘味料」

錦織圭選手のグランドスラム制覇のカギは「グルテンフリー」の食生活!?

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレイクしたディーン・フジオカさん(35)。 大阪収録の4カ月間、現地名物の粉もん(お好み焼きやたこ焼きなど)が苦手な彼は、常連店で米粉やタピオカ粉を使った特注ピザを食べていたという。 理由は、彼が穀物(小麦やライ麦など)に…続きを読む

錦織圭選手のグランドスラム制覇のカギは「グルテンフリー」の食生活!?

BBQ(バーベキュー) で食中毒を防ぐには「ある道具」の使い方がポイント!?

いよいよGW突入で首都圏近郊のバーベキュー場は満員御礼必至だ。日本バーベキュー協会の概算では、国内のBBQ(バーベキュー)人口は約4500万人、3人に1人が〝BBQ民〟なんだとか。 お隣組の家族同士ならば「ご近所の絆の確認」、独身者なら「建前の効く合コン」として定着した…続きを読む

 BBQ(バーベキュー) で食中毒を防ぐには「ある道具」の使い方がポイント!?
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子