高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、 不公平な提案を拒否しやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、 不公平な提案を拒否しやすい!の画像1

朝の炭水化物摂取量で意思決定が変わる?(depositphotos.com)

 進入学、就職、転職、起業、出資、結婚、転居、出産、保育、離婚、再婚、介護、治療しかり。日々の生活シーンやビジネスシーンで岐路に立たされた時、人間はどのように意思決定するのだろう?

 ドイツのリューベック大学のSoyoung Park氏らは、朝食の内容が意思決定に影響を与える事実を示唆する研究成果を『Proceedings of the National Academy of Sciences』オンライン版に発表した

 朝食が重大な意思を決定する?にわかに信じがたいが、興味をそそられる。どのような研究だろう?

 まず、男性大学生87人がオンライン版の「最後通牒ゲーム」を行った。このゲームでは、敵対者からの明らかに不公平な金銭提供の提案を受け入れるか、拒否するかを選ぶ機会が与えられる。拒否すれば相手も自分も金銭を得られないので、敵対者に社会的制裁を加えることになる。

 ゲームの実施後、学生たちの朝食の内容を聞き取り調査したところ、高炭水化物・低タンパク質を摂った人の約53%が不公平な提案を拒否したが、低炭水化物・高タンパク質を摂った人は約25%だった。

 次に、ジャムとクリームチーズを塗ったパン、牛乳、リンゴジュース、リンゴ、バナナの高炭水化物・低タンパク質(炭水化物80%、タンパク質10%)の朝食を摂る日と、ジャムを塗ったパン、ハム、ヨーグルト、牛乳、大きいクリームチーズ1切れの低炭水化物・高タンパク質(炭水化物50%、タンパク質25%)の朝食を摂る日を設定し、朝食後に24人が「最後通牒ゲーム」を行い、ゲームの結果を比較した。

 その結果、高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、不公平な提案を拒否する可能性が高まり、低炭水化物・高タンパク質の朝食後は、たとえ不公平でも何も得られないよりはましだと考え、提案を受け入れる可能性が高まることが分かった。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆