猛暑に負けない栄養戦略! アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注:猛暑に負けない栄養戦略! アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介の画像1

アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介

 猛暑日が続き、熱中症の危険も高まっている。おいしくて栄養価の高いレシピで定評のある、栄養士でフードコーディネーターの若宮寿子氏に、猛暑に負けない栄養戦略を聞いた。

室内で座っていても発症する熱中症

 「室内だと、つい油断してしまいますが、屋外に劣らず熱中症の危険は高いのです」と若宮さん。

 熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、気づかないうちに体内の水分と塩分のバランスがくずれ、体温調節機能が働かなくなり、体内に熱がこもってしまうことによって起きる。室内で、何もしないで座っていても、発症することがあるのだ。

 予防といえば、なんといっても水分をこまめにとること。そして人間の体液には0.9%のナトリウム(塩)が含まれているので、水だけでなく塩もとらなければないことも最近では常識となっている。

 ちなみに「0.9%」とは水1リットルに対してわずか9グラムである。「熱中症予防に適度な塩分は必要ですが、1日3回の食事で、塩分はじゅうぶんにとれます。それ以外にとると、塩分過剰のおそれもあります」と若宮さん。

 しかし「屋外で、長時間の運動、ウォーキング、作業などを行うと、たくさん汗をかいて塩が体内から失われますから、ミネラルが効果的にとれるスポーツドリンクなどで水分補給をするのがおすすめです」とのこと。塩の摂取は、室内と屋外では区別して考えよう。

ALAでエネルギーチャージ、VCでお肌イキイキ

 水分と塩を補給したら、次に考えたいのは疲労回復である。疲労が蓄積していると、あらゆる疾患と同様、熱中症にも罹りやすくなる。

 「豚肉に含まれるビタミンB1は、疲労を回復させますが、さらに紫玉ねぎに含まれる硫化アリルをいっしょにとると、B1の吸収が促進されます。それから、とり胸肉に含まれるイミダペプチドもとりたいですね。少年野球の監督が、お母様方に『お子さんにとり胸肉を食べさせてください』と指導しているほどです」

 さらに、この夏、注目なのがアラ(ALA)である。ALAは「5-アミノレブリン酸」の略称で「クエン酸回路」に必要不可欠な物質である。体内のエネルギー生産は、細胞中のミトコンドリアで行われており、生産工程が「クエン酸回路」と呼ばれる。ALAは、私たちのエネルギーチャージに必要不可欠なのだ。

 「ALAは、日本酒やワインなど多くの食品に含まれます。酢やタコにも多いので、夏にはサラダにするとサッパリとおいしくいただけます」

 最後にストレスと美容についても考えたい。

 「暑さ寒さは、身体にとって大きなストレスとなります。免疫力を高めるビタミンCも積極的にとりましょう。ビタミンCは肌にもよいのです。ただ、かんきつ系の果実に含まれるソラレンは紫外線を吸収しやすいので、紫外線が弱くなる午後3時以降がおすすめです。かんきつ類は、夕食のデザートとするとよいのではないでしょうか」

 次ページでは、若宮氏の「猛暑に負けない栄養戦略レシピ」を紹介する。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子