野菜の好き嫌いは「授乳期」で決定~<味覚の経験>は子宮にいる時から始まる!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野菜の好き嫌いは「授乳期」で決定~<味覚の経験>は子宮にいる時から始まる!の画像1

野菜の好き嫌いは「授乳期」で決まる!(depositphotos.com)

 8月31日が「野菜の日」だとご存じだろうか。タキイ種苗は例年この日に「野菜と家庭菜園に関する調査」を発表しているが、なかでも『子供が嫌いな野菜』のランキングはマスコミ陣のネタ元として注目されている。

 ちなみに、2016年度のBEST3は、下から「セロリ」が第3位(前年5位)、例年本命視される「ピーマン」が意外にも2位(同1位)、その嫌われ王を抜いて堂々の1位に輝いたのは「ゴーヤ」(同2位)という番狂わせがあった。

 ゆえに、今年度のランキングが待たれるが、海の向こうの『American Journal of Clinical Nutrition』(2017年7月号)に載った『野菜好きの子に育てたければ』という研究報告もなかなか面白い。要約すると、こうだ――。

 もし、幼子のうちから野菜好きの子に育ってほしいと願うならば(全世界のママさんの希望だろうが)――お母さん自身が授乳期間中に、なるべく多く野菜を摂取しておくと良いかもしれない。

<野菜風味>の母乳を与えたら……

 実際、授乳前の母親たちが野菜ジュースを飲むと「母乳」が野菜風味となり、その母乳を飲んだ幼児たちも後々「同じ味のする食べもの」を嫌がらない(嫌がる可能性が低くなる)ことが示された――。

 これは米国・Monell Chemical Senses CenterのJulie Mennella氏が主導し、97組の母子(いずれも母乳育児中)を対象として試みられた研究の成果として示唆されたものだ。

 研究に際してはまず、97組の母子が任意な5集団に振り分けられた。その上で下記の①②③④班に属する母親たちには、授乳前に野菜ジュース(ニンジン、セロリ、ピートなど)を半カップずつ飲んでもらった。

 そして、⑤班だけは「水を飲む」対象群として別扱いとした。さらにそんな野菜風味の母乳を与える実験期間は、①~④の母子群を次のように区分けして検証を実施した。

①「生後2週間目」から「1カ月間」
②「生後1.5カ月目」から「1カ月間」
③「生後2.5カ月目」から「1カ月間」
④「生後2週間目」から「3カ月間」

 そんな授乳条件下で育った各班の子どもたちが、「離乳後(生後8カ月ごろ)」にどんな反応の違いをみせるものだろうか?

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔