「食の安全・栄養」の記事一覧

偽ワインビネガーに注意!「白ワイン」を用いない「白ワインビネガー」が流通

EUとの貿易協定で、ワインの関税が5年後に撤廃されることになりました。「ホンモノのワイン」が増えて、「インチキなワイン」が淘汰されていけばいいのでしょうが、「悪貨が良貨を駆逐する」のが、食品業界の常ですので心配になります。 インチキなワインではなく、白ワインから作る果実…続きを読む

偽ワインビネガーに注意!「白ワイン」を用いない「白ワインビネガー」が流通

猛暑に負けない栄養戦略! アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介

猛暑日が続き、熱中症の危険も高まっている。おいしくて栄養価の高いレシピで定評のある、栄養士でフードコーディネーターの若宮寿子氏に、猛暑に負けない栄養戦略を聞いた。室内で座っていても発症する熱中症 「室内だと、つい油断してしまいますが、屋外に劣らず熱中症の危険は高いの…続きを読む

猛暑に負けない栄養戦略! アウトドア&インドアの熱中症対策レシピを紹介

高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、 不公平な提案を拒否しやすい!

進入学、就職、転職、起業、出資、結婚、転居、出産、保育、離婚、再婚、介護、治療しかり。日々の生活シーンやビジネスシーンで岐路に立たされた時、人間はどのように意思決定するのだろう? ドイツのリューベック大学のSoyoung Park氏らは、朝食の内容が意思決定に影響を与え…続きを読む

高炭水化物・低タンパク質の朝食後は、 不公平な提案を拒否しやすい!
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志