シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」29回

コンビニ弁当の「マヨネーズ」は食べてはいけない!原料の「リン酸」と「加工デンプン」が危険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コンビニ弁当の「マヨネーズ」は食べてはいけない!原料の「リン酸」と「加工デンプン」が危険の画像1

コンビニ弁当のマヨネーズの正式名称は「半固体状ドレッシング」(depositphotos.com)

 コンビニ弁当のマヨネーズは全部が「マヨネーズもどき」だ!

 正式名称は「半固体状ドレッシング」といい、食用植物油脂(パーム油が主成分)、砂糖類(水あめ、麦芽糖、砂糖)、醸造酢、卵黄、食塩、食物繊維、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物を原材料として製造されています。

 「本物のマヨネーズを使うとコストがかかってしょうがない。代替品はできないか」という、コンビニチェーンなどからの要望で開発されたのが、このマヨネーズもどきです。

 そこで、極力、コストのかかる「生卵」を原料に使わず、安い「パーム油主体のサラダ油」と「添加物マジック」で、限りなくマヨネーズに近づけたのが半固体状ドレッシングです。卵黄は安い中国製の輸入粉末卵黄が使用されています。

調味料(アミノ酸等)の表記は「リン酸塩隠し」

 添加物の中でもいちばんのウエイトを占めるのが、味を付ける「調味料(アミノ酸等)」です。調味料(アミノ酸等)には化学調味料のグルタミン酸ナトリウムが使われていますが、原材料名表示されている調味料(アミノ酸等)には、10品目近くの添加物が使われています。

 食品衛生法で調味料(アミノ酸等)として使用が認められている添加物は、グルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウムなどの化学調味料のほか、体内のカルシウムの働きを阻害する「リン酸塩」も調味料(アミノ酸等)に使っていいことになっています。そのため「リン酸塩隠し」としても調味料(アミノ酸等)は利用されています。

 リン酸塩を使うと、増量効果が出るほか、保存性も高まります。しかしリン酸塩の害は、消費者に広く知られており、その使用をできるだけ隠したいというのがコンビニや食品メーカーの本音です。

 ちなみに、化学調味料の王様である「グルタミン酸ナトリウム」は、弘前大学医学部のラットの実験で、市販の化学調味料(うまみ調味料)をたくさん食べたラットほど「緑内障」に罹る率が高まるとの結果が出ています。緑内障は日本では失明原因のトップです。化学調味料との関連が気になるところです。

郡司和夫(ぐんじ・かずお)

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法政大学卒。食品汚染、環境問題の一線に立ち、雑誌の特集記事を中心に執筆活動を行っている。主な著書に『「赤ちゃん」が危ない』(情報センター出版局)、『食品のカラクリ』(宝島社)、『これを食べてはいけない』(三笠書房)、『生活用品の危険度調べました』(三才ブックス)、『シックハウス症候群』(東洋経済新報社)、『体をこわす添加物から身を守る本』(三笠書房・知的生き方文庫)など多数。

郡司和夫の記事一覧

郡司和夫
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔