「食の安全・栄養」の記事一覧

ウインナー1本で25秒!コーヒー1杯で20秒!? ひじきの煮物で58分! これで寿命が縮む?

トンデモ情報? 荒唐無稽の似非科学? 虚々実々のガセネタ? 食事や行動で寿命の減少を測った「損失余命」は、どこまで信頼できる? ネットサーフィンするまでもなく、玉石混淆の怪しいサイトやら、虚々実々のトンデモ情報やらが、これ見よがしに氾濫している。またぞろ性懲りも…続きを読む

ウインナー1本で25秒!コーヒー1杯で20秒!? ひじきの煮物で58分! これで寿命が縮む?

「メチル水銀」を含むマグロを食べると子どもに障害が?水俣病から60年の教訓は活かされているか?

マグロやメカジキなどメチル水銀を多く含む魚介類を妊婦が食べ過ぎれば、生まれた子どもの運動機能や知能の発達に悪影響を及ぼすリスクが高い――。 東北大チームの疫学調査で、このような事実が判明したと、2016年11月28日付の毎日新聞が報じている。低濃度の汚染でも胎児の発達に…続きを読む

「メチル水銀」を含むマグロを食べると子どもに障害が?水俣病から60年の教訓は活かされているか?

ファストフードの「ドリンクセット」メニューが肥満・糖尿病を招く! WHOは「ソーダ税」を号令

酒や煙草は言うに及ばず、通称「ソーダ税」「ポテチ税」「脂肪税」など、健康リスクを伴なう特定の飲食物に対して「課税」をおこなう世界的趨勢がますます加速している。 今回はそんな傾向を象徴かつ後押しすべく、『American Journal of Public Health』…続きを読む

ファストフードの「ドリンクセット」メニューが肥満・糖尿病を招く! WHOは「ソーダ税」を号令
幹細胞治療でCOVID-19の重症化抑制と予防の可能性
『新型コロナに対する幹細胞治療が注目』後編  スタークリニック院長竹島昌栄医師

前編『新型コロナ治療の救世主となるか 幹細胞治療の成果に注目』

いまだ世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス。その治療薬やワクチン開発が進む中、注目を集めているのが幹細胞による治療だ。幹細胞治療に詳しいスタークリニックの竹島昌栄院長に話を聞いた。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行