連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第33回

ギョウジャニンニクに酷似した「イヌサフラン」による食中毒で今年も死者が!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ギョウジャニンニクに酷似した「イヌサフラン」による食中毒で今年も死者が!の画像1

左がギョウジャニンニクで右がイヌサフラン(写真提供:富良野保健所)

 今年(2017年)5月15日、北海道富良野地方に住む母親と娘夫婦が、ギョウジャニンニクを採集するつもりが誤ってイヌサフランの葉を持ち帰り、家で炒めて食べ、下痢や嘔吐を訴えて翌日病院に救急搬送された。80歳代の母親は、摂食後、2日目に急死。富良野保健所は、イヌサフランに含有するコルヒチンによる食中毒死と診断している。

 また2016年4月には、同じく北海道旭川市で、イヌサフランをギョウジャニンニクと誤認して食べた75歳男性が、下痢や嘔吐などを訴えて病院に搬送されたが、その2日後に死亡した。

 それ以前にも、2014年9月に静岡県で、70歳代の男性がギョウジャニンニクと間違えて自家栽培していたイヌサフランを食べて死亡。2013年には石川県と北海道札幌市で、それぞれ1名が誤食して中毒症を呈したが、幸い命はとりとめている。さらに2007年には、新潟県で50代男性が、摂食後、数日で多臓器不全にて死亡している。

イヌサフランには猛毒のコルヒチンが、花、茎、球根など全てに含有

 イヌサフランは、アヤメ科のサフランとは異なり、ユリ科の植物である。花、茎、球根など全てに猛毒であるコルヒチンを含有しており、この化学物質は鎮痛作用があるため痛風薬として販売・処方されていた。しかし最近では、下痢、嘔吐、低血圧などの副作用が強いため、処方量は減少傾向にある。

 イヌサフランの実を2g食べただけで、含有するコルヒチンによって死に至ることがある。食後、数時間で、下痢、嘔吐、腹痛などを訴え、大量摂取した時には2~3日後に錯乱、昏睡、けいれん発作、肝不全、低血圧、不整脈、急性腎不全、さらに肺炎、敗血症などの感染症を併発し、死に至ることも多い。

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔