「食の安全・栄養」の記事一覧

「遺伝子組み換えで農薬が減る」はウソ? 除草剤の発がん性が新たな脅威に

スーパーに陳列されている食料品に、最近普通に見かける「遺伝子組み換え」「遺伝子組み換えでない」という文字。豆腐や豆乳、食用油、スナック菓子などの商品に見られることだろう。 ご存じの通り、遺伝子組み換え(GM)とは、生物に対して自然界では起こらない遺伝子操作を行う技術。そ…続きを読む

「遺伝子組み換えで農薬が減る」はウソ? 除草剤の発がん性が新たな脅威に

鶏むね肉は抗疲労食材! 活性酸素を除去する「イミダペプチド」に抗疲労効果

お盆休み明けのオフィス。夏も後半戦を迎えると、いよいよ疲れが目立ってくる。特に女性は、冷房による冷えや、汗による肌のべたつきやあせも、紫外線による肌荒れ、夏バテ、暑さによる不眠と、あらゆる不調がどっと押し寄せてきて、肉体的にも精神的にも、疲れを感じていることだろう。 …続きを読む

鶏むね肉は抗疲労食材! 活性酸素を除去する「イミダペプチド」に抗疲労効果

ツナ缶でヒスタミン食中毒!? 舌が"ピリピリ"したら要注意?

マグロの刺身を食べたらなんだか舌がピリピリする......。そんな経験をしたことはないだろうか? 普段、何気なく食べているマグロやサバ、カツオ、サンマ、イワシなどの赤身魚と青身魚は、ちょっとした温度管理ミスで食中毒のような症状が起きることがある。さすがに生魚を長時間、常温…続きを読む

ツナ缶でヒスタミン食中毒!? 舌が
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太