「食の安全・栄養」の記事一覧

台所でのスマホの感染に要注意! セキュリティ強化と同じくらい細菌感染に注意を

あなたのスマホは感染している――。日常生活に不可欠なツールとなったスマートフォンだが、思わぬ危険が潜んでいることをご存知だろう。 不正アクセスによる情報漏えいやウイルス感染などのニュースに不安をかられて、セキュリティを強化している人は多い。ウイルス対策に腐心する一方で…続きを読む

台所でのスマホの感染に要注意! セキュリティ強化と同じくらい細菌感染に注意を

アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!

「コレステロール」と聞いて、まだ多くの人は「血液がドロドロに」「太る」「悪玉と善玉」など、健康に悪いイメージをするだろう。数値の高さを気にしてアブラ(脂質)の摂取を控えている人も少なくない。 ところが、この"常識"がいよいよ変わろうとしている。「アブラは積極的に摂った…続きを読む

アブラはたくさん食べるべき!? ついにコレステロールの常識が覆った!

子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ

さもエネルギーを取り戻しリフレッシュできそうなイメージで今や若年層を中心に世界規模で市場を拡大しているエナジードリンク。日本市場の伸びがもっとも急激で、2009年から2013年にかけて約10倍(318億円規模)と膨れ上がり、2014年には国内メーカーの参入などもあり優に40…続きを読む

子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志