「食の安全・栄養」の記事一覧

「エナジードリンクはカラダに悪い」の真相 過剰摂取でうつや心臓病に

ヘルスプレスでは、これまでエナジードリンクに関する情報を提供してきた。いずれも、同飲料の過剰な摂取は、カラダに良からぬ影響を与える可能性があるかもしれないというものだ。▶︎子どもの健康を脅かすと心配されているエナジードリンクが本当に危ないわけ▶︎話題のエナジードリン…続きを読む

「エナジードリンクはカラダに悪い」の真相 過剰摂取でうつや心臓病に

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

師走ともなれば熱々のお鍋の季節だ。お鍋といえば欠かせないのが「豆腐」。良質のタンパク質、炭水化物、脂質、食物繊維、ミネラル、ビタミンのほか、サポニン、レシチン、大豆イソフラボンなどの微量成分がふんだんに含まれている。なかでも人気なのは「大豆イソフラボン」だろう。 大豆イ…続きを読む

「大豆イソフラボン」は更年期障害の救世主? 実は日本人女性の3人に2人は効果なし!

「糖質制限で糖尿病」はタンパク質と脂質不足が原因 失敗しない正しい糖質制限<MEC食>

この数年で「糖尿病の予防・改善=糖質制限」は、日本でも一般的に理解・認知されてきた。ところが先日、『週刊ポスト』(9月22日号)に「糖質制限すると糖尿病になる」というセンセーショナルな見出しが踊った。 この記事では、2002年に271.2g (1日平均)だった炭水化物の…続きを読む

「糖質制限で糖尿病」はタンパク質と脂質不足が原因 失敗しない正しい糖質制限<MEC食>
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇