「食の安全・栄養」の記事一覧

錦織圭選手のグランドスラム制覇のカギは「グルテンフリー」の食生活!?

NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で大ブレイクしたディーン・フジオカさん(35)。 大阪収録の4カ月間、現地名物の粉もん(お好み焼きやたこ焼きなど)が苦手な彼は、常連店で米粉やタピオカ粉を使った特注ピザを食べていたという。 理由は、彼が穀物(小麦やライ麦など)に…続きを読む

錦織圭選手のグランドスラム制覇のカギは「グルテンフリー」の食生活!?

米国マックは従業員に対して「健康のためファストフードは食べないように!」とアドバイスしている!

ファストフードを週に2回以上食べると、糖尿病や心臓病のリスクが強まる。週に4回以上食べたら、がんや心筋梗塞で死ぬリスクが80%も高まる。妊娠中に食べると、胎児の脳に変化が生じ、赤ちゃんは過食症になる。ファストフードはうつ病も発症させる……。 糖尿病、がん、心筋梗塞、うつ…続きを読む

米国マックは従業員に対して「健康のためファストフードは食べないように!」とアドバイスしている!

寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由

平安の昔から日本人に食べられてきたおにぎり。戦国時代には兵糧として、江戸時代の旅人の携行食として、そして昭和に入り、フィルムに包まれて販売されるようになった。 まさに日本人のファストフードであり、日本の食文化を語る上で外せないソウルフードである。 ひと昔前までは、よ…続きを読む

寿司は平気でも他人が握ったおにぎりは食べられない? 寿司を素手で握っても安全な理由
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆