春名風花さん「中学校の昼休憩が15分」に大きな反響 子どもに教えたい「食育」とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春名風花さん「中学校の昼休憩が15分」に大炎上! 子どもに教えたい「食育」とは?の画像1

春名風香さんの「中学校のお昼休憩は15分しかない」が大炎上!(depositphotos.com)

 新学期、また給食が再開される。だが気になることがある。7月30日『はるかぜちゃん』こと声優・タレントの春名風花さんのTwitterが大きな反響を呼んだ話題だ。

 「中学校のお昼休憩は15分しかない」―――

 春名さんのツイートによれば、中学時代に通っていた学校には給食がなく、店で弁当を買うことも禁止。自宅で作った弁当を持参するか、事前に予約注文した弁当を職員室へ取りに行って食べるしかなかったという。

 昼食の15分は「弁当箱を出して片付けるまで」。予約弁当の場合は、受け取り時間がかかり、満足に食べる時間はない。春名さん自身も、食べるのが遅いために少量しか食べられず、放課後にお腹をすかせていたと綴っている。

 <食育>が叫ばれて久しいご時世に、義務教育中の育ち盛りの子どもたちが、お腹を空かせて授業を受けていることがまず衝撃だ。そして、その15分にあわせて食事を終える子たちへの危機感はないのだろうか?

本当の「食べる力」とは?

 いうまでもなく、食事は大切なものだ。生命を維持するエネルギーの補充という意味だけにとどまらない。食べるものや栄養のバランスが脳や精神に与える影響は大きい(参照:「朝食の炭水化物で意思決定が変化?」

 厚生労働省が、子どもの食を支援するために作成した「食を通じた子どもの健全育成(-いわゆる「食育」の視点から-)のあり方に関する検討会」(厚生労働省雇用均等・児童家庭局)。

 発育・発達過程に応じて「食事を味わって食べる」や「一緒に食べたい人がいる」「食生活や健康に主体的に関わる」といった段階を経て、「楽しく食べる子ども」が最終目標だ。

 元川崎市長が言っていたような「自分の食べるものは自分で作る」という意味では収まらない、広い範囲での「食べる力」が必要であると報告書では語られている。そして、これらの条件が「15分の昼食」で叶えられるとは到底思えない。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔