肉ブームで再び注目! 夏バテ対策とダイエットに"ジンギスカン"

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
lamb.jpg

ジンギスカンでダイエット?! sihuzahu/PIXTA(ピクスタ)

 暑い夏、しっかり食べて体力をつけられる肉。近年では、糖質が少なく体脂肪を生産するインスリンの過剰分泌がないため、肉はダイエット向きの食材として注目されている。筋肉や酵素の原料となるアミノ酸や、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、高齢者にも積極的な摂取が勧められている。

 なかでもダイエットに向いているのは、脂肪燃焼に必須の「カルニチン」を多く含むラム肉。北海道グルメのジンギスカンは、その代表料理。鍋や鉄板で羊肉、つまりラム肉と野菜を焼いて食べる伝統料理だ。タレとともに味わうあの独特のジューシーな味わいは、一度食べたら忘れられない――。

 ラム肉は、中国の買い付け量が増えたことがあって、2013年初頭から価格が急激に高騰。当時話題になっていた、ラム肉のヘルシーブームも下火になってしまった。だが、ラム肉の価格は2015年6月には下がり傾向が見られるため、これから再注目される可能性がある。

 そんなラム肉のダイエット効果をあらためて見直してみたい。この季節、エネルギー源となるタンパク質をしっかり摂取して、夏バテを防ぐためにもおすすめの食材だ。ヘルシーといわれるのは、まず、脂肪燃焼作用がある「カルチニン」を多く含んでいる点だ。その量は、牛肉の約3倍、豚肉の約9倍だ。気になるカロリーは100g当たり143kcal。牛肉は約200~500kcal、豚肉は約100~390kcal、鶏肉約100~220kcalなので、比較的低カロリーだ。

 また、ラム肉に含まれる動物性脂肪が溶解する温度が、牛肉や豚肉と比べて高い。ラム肉の融点は44℃で、体温より高いこともあり、体内に吸収されにくい。

 これだけダイエット効果を聞くと、食べずにはいられなくなるラム肉。だが、いざ食べようとしたときに、他の肉と比べて大きな壁がある。それは、あの独特の臭みである。通は、あのくせのあるところに魅力があり、むしろそれを好むそうだが、一般的にはどうしても受け入れがたいところもある。

ラム肉の独特の臭みを消すには?

 ラム肉の臭みを完全に取るのは難しいが、ハーブやアルコールなどを用いて、気にならなくすることはできる。いわゆる、マスキングという方法だ。ラム肉の臭み取りには、酸性にする、アルコールを使う、香味野菜を使うなどの方法がある。

 たとえば、ビネガーやワイン、レモン、オレンジなどに漬けてから調理したり、ジンギスカンのタレやソテーにかけるソースに使ったりする方法がある。また、ローズマリーなどのハーブやスパイスを、タレやオリーブオイルに漬けこんでから焼くというのもおすすめだ。

 また、同じ羊肉でも、ラムではなく「マトン」になると、さらにくせが強くなる。マトンとは、生後2年以上の羊のこと。ラムは生後1年未満で、比較的臭みが少ない。羊肉は買うときも注意しよう。

くせのないラム肉を外食で味わう

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛