食べても太りにくい「ローフード」、ダイエット効果の一方で注意すべきことは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べても太りにくい「ローフード」 ダイエット効果の一方で注意すべきことは?の画像1

ロースイーツの主材料はローフード Pakhnyushchyy/PIXTA(ピクスタ)

 甘いモノ好きの人は、昨今の「糖質制限」ブームに、少々肩身の狭い思いをしているかもしれない。糖質の過剰摂取の害や制限によるさまざまな健康効果については、十分に理解していても、甘いモノを食べたくなるのが人の性――。

 そこで今、「ロースイーツ」が注目されている。ロースイーツは、「小麦粉や砂糖、卵、乳製品 」などを一切使わない。ケーキ類などのスイーツ全般は、小麦粉や砂糖、卵、牛乳、バターなどを使うのが定番だ。そもそも、小麦粉を使わないケーキなど存在するのか? と不思議に思うかもしれない。その中身とダイエット効果に迫ってみよう。

調理方法の駆使で見た目や食感、味などがそっくりに

 ネーミングの頭につく“ロー”とは、「ロー(raw)=生」の状態、つまり焼かなくても作ることができる。“焼かない”スイーツといえば、プリンやアイスなどが定番だが、ロースイーツには、見た目がケーキやクッキー、タルトなどの焼き菓子とそっくりなものも豊富にある。

 その素材となるのは「ローフード」。加工されていない生の食材、もしくは極力生で摂取するのが基本で、48度以下で調理しなくてはならないという制約もある。そのため、焼かずに混ぜる、冷やして固める、型に詰める、漬け込むなどの方法を駆使して、従来の焼き菓子に見た目や食感・味などを近づけている。

 具体的には、小麦粉の代わりに用いられるのが、アーモンドなどの生のナッツ類や穀類。また、生クリームの代わりとなるのは、生のカシューナッツをペースト状にしたもの。砂糖の代わりは、「デーツ」と呼ばれる中近東諸国で古くから日常的に食べられている「なつめやし」の実、ほかにもメープルシロップなどの天然甘味料が活躍する。

すべて体に良いと盲信してはいけない!?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆