食べても太りにくい「ローフード」、ダイエット効果の一方で注意すべきことは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食べても太りにくい「ローフード」 ダイエット効果の一方で注意すべきことは?の画像1

ロースイーツの主材料はローフード Pakhnyushchyy/PIXTA(ピクスタ)

 甘いモノ好きの人は、昨今の「糖質制限」ブームに、少々肩身の狭い思いをしているかもしれない。糖質の過剰摂取の害や制限によるさまざまな健康効果については、十分に理解していても、甘いモノを食べたくなるのが人の性――。

 そこで今、「ロースイーツ」が注目されている。ロースイーツは、「小麦粉や砂糖、卵、乳製品 」などを一切使わない。ケーキ類などのスイーツ全般は、小麦粉や砂糖、卵、牛乳、バターなどを使うのが定番だ。そもそも、小麦粉を使わないケーキなど存在するのか? と不思議に思うかもしれない。その中身とダイエット効果に迫ってみよう。

調理方法の駆使で見た目や食感、味などがそっくりに

 ネーミングの頭につく“ロー”とは、「ロー(raw)=生」の状態、つまり焼かなくても作ることができる。“焼かない”スイーツといえば、プリンやアイスなどが定番だが、ロースイーツには、見た目がケーキやクッキー、タルトなどの焼き菓子とそっくりなものも豊富にある。

 その素材となるのは「ローフード」。加工されていない生の食材、もしくは極力生で摂取するのが基本で、48度以下で調理しなくてはならないという制約もある。そのため、焼かずに混ぜる、冷やして固める、型に詰める、漬け込むなどの方法を駆使して、従来の焼き菓子に見た目や食感・味などを近づけている。

 具体的には、小麦粉の代わりに用いられるのが、アーモンドなどの生のナッツ類や穀類。また、生クリームの代わりとなるのは、生のカシューナッツをペースト状にしたもの。砂糖の代わりは、「デーツ」と呼ばれる中近東諸国で古くから日常的に食べられている「なつめやし」の実、ほかにもメープルシロップなどの天然甘味料が活躍する。

すべて体に良いと盲信してはいけない!?

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔