肥満でなくても1日1杯で危険! 砂糖入り飲料で糖尿病リスクが上昇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
drink.jpg

甘い飲み物を避けると糖尿病リスクは下がる! jazzman/PIXTA(ピクスタ)

 ちょっと一息つく休憩時、清涼飲料やコーヒー飲料を好む人は多い。だが、ちょっと待って欲しい。あなたは、これらの飲み物にたくさんの砂糖が含まれていることを意識しているだろうか。

 このような砂糖入りの飲み物を習慣的に飲むと、肥満の有無にかかわらず2型糖尿病(インスリン分泌不全などによって発症する糖尿病。以下、糖尿病)のリスクが上昇することが明らかになった。さらにそれらを人工甘味料入り飲料や果物ジュースに置き換えても、糖尿病の予防にはつながらない可能性があるという。

 英・ケンブリッジ大学の今村文昭氏らの大規模な調査によるこの報告は、『BMJ』誌(オンライン版2015年7月21日号)に掲載された。

米・英での調査から糖尿病のリスクを解析

 研究グループは今回、「砂糖入り飲料」「人工甘味料入り飲料」「果物ジュース」を摂取することと、糖尿病発症の関連を評価。さまざまな文献を系統的レビューによって解析を行った。

 最初に健康な人の生活習慣(喫煙・飲酒・食生活など)を調査し、この集団を追跡調査して、後から発生する疾病を確認する研究手法だ。

 定義として「砂糖入り飲料」は甘味を加えたあらゆる飲料。砂糖入り果物ジュースも含めたが、ダイエット用やカロリーゼロ飲料は除外した。「人工甘味料入り飲料」は、各試験で報告された低カロリーの清涼飲料とした。また、「果物ジュース」は果汁100%の飲料とし、果汁含有飲料とは区別した。

 4つの医学文献データベースを用いて、2014年2月までに発表された糖尿病ではない成人を対象としたコホート試験を検索。さらに、米国で行われた全国調査(2009~2010年)から、非糖尿病の1億8910万例(20歳以上)の代表サンプルとして4729例のデータを用い、人口寄与割合(糖尿病の原因全体を100%として、そのうち何%が飲料の摂取で説明できるか)を算出した。

 また、英国の全国調査(2008~2012年)から、4470万例を代表する1932例を用いて同じように検討を行った。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫