「食の安全・栄養」の記事一覧

飲み過ぎたら"骨折"に"短命"!? 骨を強くする「牛乳神話」が崩された

現代の日本の食卓に欠かせない常備食品といえば「牛乳と卵」。冷蔵庫の中にいつも収まっているこの2つは、栄養面でも完全食品だ。その一方で、牛乳には今、赤信号が灯っている。「牛乳を1日コップ3杯以上飲むと寿命が短くなる」というセンセーショナルな研究が発表されたからだ。 スウェ…続きを読む

飲み過ぎたら

添加物だらけの「コンビニ弁当」に厚労省が「健康な食事」のお墨付き!?

コンビニ弁当はありがたい存在だが「健康な食事」といえるか? 厚生労働省は、2015年4月より、コンビニエンスストアの弁当やスーパーの総菜などの加熱調理ずみ食品に「健康な食事」の認証マークを導入すると発表した。検討会では、すでに成人1食分の栄養素量などの基準案が示されたとい…続きを読む

添加物だらけの「コンビニ弁当」に厚労省が「健康な食事」のお墨付き!?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫