なるべく早くピーナッツを食べ始めてアレルギーを回避? 発症率が80%低減!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
peanuts.jpg

アレルギーは早期摂取で解決?

 特定の食材を食べた後にじんましんや吐き気などの症状が現れる「食物アレルギー」。食品によっては、急性の全身性かつ重度なアレルギー反応の一つ「アナフィラキシーショック」を発生し命にかかわることもある。特に魚介類、ナッツ、ピーナツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多い。

 これまでの世界共通の考え方は、子どもがアレルギーの原因食材を早くから食べ始めると、食物アレルギーになりやすいというものだった。ところが、それには医学的根拠はなく、最近は従来とは真逆の「遅らせると、むしろ食物アレルギーが増える」との報告が多いという。

 そして、「ピーナツ(落花生)アレルギー」のリスクが高い子どもには、1歳になる前にピーナツを含む食物を与えるべきである――。米国小児科学会(AAP)を含む10の専門家グループによる、こんな合意声明が『Pediatrics』(8月31日・オンライン版)に掲載された。

 この指針は、『New England Journal of Medicine』(2月26日号)に掲載された英キングス・カレッジ・ロンドン小児アレルギー部門のGideon Lack氏らの研究に応えたものだ。

 研究では、ピーナツアレルギーの発症リスクが高い乳児640人(生後4~11カ月)を、週3回以上ピーナツ6g以上を含む食品を摂取する群か、5歳までピーナツ製品を避ける群のいずれかに無作為に分けた。

 その結果、ピーナツに耐性のなかった小児の一部にも免疫ができた。摂取群においては、5歳時のピーナツアレルギーの有病率が3%強に過ぎず、非摂取群では17%を上回っていた。これは、同アレルギーが80%以上減少したことを示している。

 Lack氏は、「ピーナツ製品の早期導入は安全で、忍容性も良好だ。ピーナツアレルギーのリスクがある小児には生後4カ月時に皮膚テストを行い、問題がなければ、5歳になるまでピーナツ製品を定期的に与えるべきだ」と述べている。

なるべく"早く"ピーナツの摂取を開始する方が有益

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛