豊胸サプリ「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害が急増中!韓国や欧州連合は使用や販売を禁止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注:豊胸サプリ「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害が急増中!韓国や欧州連合は使用や販売を禁止の画像1

豊胸サプリ「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害が急増中(depositphotos.com)

 独立行政法人国民生活センターは「プエラリア・ミリフィカ」という植物成分を含むサプリメント(栄養補助食品)による健康被害が急増していることから、『美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう』と警告している。

「プエラリア・ミリフィカ」で健康被害が急増中!

 全国の消費生活センターなどに寄せられた「生理が止まった」「大量の不正出血が起きた」などの健康被害を訴えた女性は、過去5年(2012年4月~今年4月末日)の合計209件のうち200件が2015年度以降に集中している。

 年代別に見ると、20代が69件、40代が42件、30代が41件、10代が37件。被害の内容は、嘔吐、腹痛、下痢などの消化器障害76件、皮膚障害59件、月経不順・不正出血33件となっている。

 「プエラリア・ミリフィカ」とは、タイ原産のマメ科の植物で、根に女性ホルモンと同じ働きをする成分を含む。大豆などに含まれるイソフラボンも女性ホルモンと同じ作用があるものの、「プエラリア・ミリフィカ」に含まれる成分の作用はイソフラボンより1000~1万倍強いという報告がある。

 国民生活センターは「プエラリア・ミリフィカ」の成分を含むサプリ12商品を分析したところ、10商品に女性ホルモンと同じ作用が認められ、うち3商品は身体に悪影響を及ぼす強い副作用がある事実を確認した。

「胸が大きくなる」という誤解や思い込みが広まっている

 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所によれば、「プエラリア・ミリフィカ」に含まれる成分は、産地、収穫時期、植物の生育度によって異なるため、女性ホルモンと同じ作用を示すサプリもあれば、女性ホルモンよりも強い作用を示すサプリもある。

 つまり、月経不順や不正出血などの健康被害は、女性ホルモンと同じ作用によって生じたと考えられるため、国民生活センターは、「プエラリア・ミリフィカ」の摂取によってホルモンバランスが崩れるなどの重大なトラブルが発生する恐れがあると強く警告している。

 また、科学的効能を標榜するニセ科学問題に関わってきた京都女子大学の小波秀雄名誉教授によると、女性ホルモン様の物質を含むとされるザクロ、大豆、胎盤エキスなどがブームになってきたが、女子力がアップする、胸が大きくなるなどと誤解や思い込みが広まっていると指摘する。

 さらに、男性への効果は「抜け毛が減る」「若返る」などが挙げられているが、医薬基盤・健康・栄養研究所によれば、豊胸などの目的で服用しても、安全性や有効性のエビデンスほとんどない。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔