本能で楽しむ医療ドラマ主義宣言! 第3回

『アンナチュラル』若い女医を小馬鹿にする医学会の重鎮はドラマ以上に現実の世界!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『アンナチュラル』若い女医を小馬鹿にする医学会の重鎮はドラマ以上に現実の世界!の画像1

殺人事件の凶器はどう特定される?(depositphotos.com)

『アンナチュラル』の3回目、穏やかに見過ごすことができないふか~いテーマが出てきましたね。
<責任転嫁は女性の特徴…。未熟な女性研究者……。女性は感情的……。>
カチ~~~~~ン!!!!!!!

 古臭い権威を振りかざし若い女性の医師を馬鹿にする医学界の重鎮、自分の筋書きを乱されたやり手の烏田検事の猛攻撃…、かなりカチンときましたね~。

地域の警察官が私に「女じゃない医者を出してこい!」

 医学の末端にいる私ですら、医師になったばかりのころから男女の差は感じながら仕事をしておりました。院長になってからも、地域の警察官に「女じゃない医者を出してこい」と言われたこともあり、未だに普通に起こり得ることです。

 ミコトは裁判という大舞台で男性のベテラン法医学教授に女性・若手医師と呼ばれ、小ばかにされてしまうのですから、私は心中穏やかには見ていられませんでした(笑)。

 法医学で科学的にわからないものを無理にわかったことにすれば冤罪を作りかねない、という側面がよく出ていましたね。

 すべての証拠を怒りや同情を抜きに判断しなければいけない法医学。助けようとしている被害者のオット(被告)に「女なんて…」といわれてしまえば、一視聴者としてはやめちゃえば?なんて思ってしまうけど、やはりミコトは自分の一言で相手の人生を大きく左右すると考えれば見過ごせません。検事も弁護士も裁判所の職員も<顔見知り>の中、明らかにアウェイだったミコト。終始マイペース、淡々としていましたね。

トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆