シリーズ「あの人はなぜ死に急いだのか?スターたちの死の真相!」第12回

堀江しのぶ「スキルス性胃がん」卵巣転移のため23歳で夭折した巨乳アイドルのさきがけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
巨乳アイドルのさきがけ堀江しのぶ!スキルス性「胃がん」の卵巣転移のため23歳で夭折の画像1

画像は写真集『堀江しのぶ 穏やかな時』(スコラ)より

 恐れを知らない。無謀で向こう見ず。それが若さの逞しさであり、脆さでもある……。だが、寝首を掻かれるような、まさかの早逝。その死が最愛の女性の美しさの絶頂期ならどうだろう? 迸る青春の瑞々しい生命を冒涜するように、悲報が突如降りかかったならどうだろう? 神も仏もない! と嘆息号泣するにちがいない。ましてや、嘆息する暇すら与えないほど危急に唐突に情け容赦なく「23歳の別れ」が訪れたなら……。

 1988(昭和63)年9月13日午前4時28分、堀江しのぶは、スキルス性胃がんの卵巣転移のため急逝。享年23。長くも険しい人生の道程に、ほんの数歩、恐る恐る小さな足を踏み込んだにすぎないほどの若さだ。

23歳の誕生日から26日後、「スキルス性胃がん」が卵巣に転移した末期がんで早逝

 22歳を迎えた頃、堀江は「もう少し細くなりたい」とダイエットを試みる。間もなく原因不明の腹痛、食欲不振が続く。ダイエットの影響だろうか? 体調不良が収まらない。

 4月8日、東京都内の病院を往診。卵巣のう腫の診断。翌9日に緊急入院。だが内実は「スキルス性胃がん」が卵巣に転移した「末期がん」の病態だった。胃壁全体が硬くなり、胃が過度に収縮し、悲鳴を上げている。しかも、6リットルもの腹水が溜まる「がん性腹膜炎」も併発。医師団は眉を曇らせつつも、がんの進行度は最悪のステージ4(5年生存率10%)、余命2か月の冷酷な診断。一部の週刊誌が堀江の重病をスキャンダラスに書き立てる。

 堀江の病状を慮ってなのか、落胆した家族への配慮なのか、5月に地元の中京病院(名古屋市南区)への転院が許される。晴れれば、母親といそいそと買い物に出る日も。しかし、病魔は、慈悲の片鱗を片時も見せない。猛暑の盆明けの8月18日、23歳の誕生日を病室で迎える。やさしく庇う母を見つめる娘。苦悶に耐えに耐えながら気丈に微笑むだけ。全身が重くベッドからとても起き上がれない。見舞人もさし控える。

 ほどなく容体が急変。誕生日からわずか26日後、絶命する。病名を堀江は知らない。戒名は「麗光貞忍大姉」。忍の一字が悲しげな音色を響かせる。

 つい4ヶ月前までは、誰もが羨むほどに、キラ星のように艶やかに燦然と輝いて生きている。若すぎる堀江に似つかわしくないが、鬼の霍乱(かくらん)。天を仰ぐほかない余りにも不本意な急死。惜しみ尽くせいないほどの薄命だった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇