加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」を米食品医薬品局が否定!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」を米食品医薬品局が否定!の画像1

加熱式タバコ「iQOS」に対するフィリップ・モリス社の主張を米食品医薬品局が否定!(depositphotos.com)

 1964年に「The Times They Are a-Changin'(時代は変わる)」と歌ったのは、かのボブ・ディランだ。

 一方、半ばドヤ顔気味に「This changes everything(これがすべてを変える)」と、紙巻きタバコ派からの転向を煽っているのは、30カ国で大ヒット中である加熱式タバコ「iQOS」の謳い文句だ。

 今や加熱式タバコの代名詞として君臨するiQOSは、開発費30億ドルを投じてフィリップ・モリス社が社運を賭けた「Reduced-Risk Product(RRP:リスク低減の可能性製品)」。

 しかし、肝心のお膝元(米国内)では未だ販売許可が下りず(参考「「電子タバコ」安全神話が崩壊? 「IQOS(アイコス)」に健康被害の〈イエローカード〉!?」)、申請待機中の商品であることは過去記事でも触れた。

 そして1月22日、米食品医薬品局(FDA)がそのiQOSに対する「暫定的な臨床試験報告」を、次のように公表した。

 《iQOSが生み出すエアゾールは(大方の予想どおり)細胞を破壊したり、人体組織にも悪影響をおよぼす恐れを持っている。しかしながら、従来の紙巻きタバコに比べれば「全般的な深刻度」は低く、その被害は「はるか一部に集中するように」推測される》

 さらにiQOSが「どういう性質のものなのか」に関しての十分な情報(試験の完全データ)も年内には提供できるだろう――。そんなFDA担当者の談話も添付された。

深刻度は低いが「売り手の言い分」は否定

 その上でFDAの専門家諮問委員会が米国内での販売承認を勧告するかどうか? 裁定が下される1月24日の審議が大いに注目されたが……。

 翌25日に公表された結論は、フィリップ・モリス社が掲げてきた前掲の「RRP:リスク低減の可能性製品」という製品概念を退ける内容だった。

 つまり、上記の「全般的な深刻度」の低さは認められながらも、フィリップ・モリス社にとっては肝心な「通常のタバコ製品に比べ、タバコ関連の疾病リスクが低い製品である」との主張が、FDAによって否定された次第だ。

 掻い摘んでいえば、今後、フィリップ・モリス社がiQOSを米国内で販売する道(可能性)は残されたものの、その際には販売済みの他国比で「かなりの制約が設けられた上での販売となる」点が推測されるというわけだ。

 今回の諮問委員会の協議結果を踏まえ、FDAは数か月以内にiQOS販売の承認可否を決定する見通しだ。裁定に関し、諮問委員会の勧告に従う義務はないものの、通例としてその協議結果に基づいた判断がくだされる場合が多いそうだ。

 もちろん、今回の委員会勧告が「加熱タバコの健康被害(疾病リスク)」を動かぬものとして結論づけたわけではない。その相関関係についての研究はいまだ少なく、決定的なエビデンスの判定はこの先も数年は要するといわれている。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇